ssorasouraisikamiシリウーニッポン

アクセスカウンタ

zoom RSS 友達物語には、“目には目を、歯には歯を”は復讐の教えではなく、元の意味は「【目には目を】は、見て美し

<<   作成日時 : 2007/09/14 19:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

【友達物語】には、“目には目を、歯には歯を”は復讐の教えではなく、元の意味は「【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。 【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。 それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、
地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。」とあります。   ⇒   【それが正しいのです。】
・・・
(そして)小さな本(友達物語)を見せられました。
それには人間ではない宇宙から知らされたという言葉が書かれていました。
そして“目には目を、歯には歯を”は復讐の教えではないと書かれていました。
 そしてハッと目が覚めたのです。
困ったと思いました。
これまで多くの人々に、その言葉は復讐の教えとして教え、行動を起すように言っていたからです。
けれどもそれはアラファトさえも同じであったが、アラファトは”神でさえ間違えて教えた“と言ったと聞かされました。
今からでも遅くない、一日も早く子供たちのために平和な国を創ろうと思いました。
それで武器を放棄したのです」寝る。
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・
サインがあって目が覚める。
「鐘を鳴らします。
それは良い知らせです。
イスラム社会とこの知らせがつながったからです。
それはイシカミの物語をイスラムの人たちが知って、(生き方を)変えることができたからです。
それで23,5%と言ったのです。
(1昨夜、23,5%と言葉になった)
話すことが出来なく悪者の言うままに唱えていました?
 パレスチナのキリスト教徒です。(ホーリー監督?)
いかにきつく(日本でソラの情報が)邪魔をされているかわかりました。
日本人の知り合いは(ソラ仲間意外)だれも友達物語や、“目には目を”の解釈を教えてくれませんでした。
 (友達物語の冊子を見せると)それも宗教のひとつだと警告されたのです。
その言葉でこの情報を受け入れるのに時間がかかりました。
けれども冊子のどこにも宗教の組織は書かれていませんでした。
そして同じ思いをしたのがズベイディでした。
人の見えないものと会話をするという人(が知らせている)と聞きました。
友達物語がパレスチナ人の父とユダヤ人の母を持つ人を救ったのです」



・・・
目には目を、歯には歯を…
イスラム教で、恐ろしい復讐の意味に間違って解釈されていたこの法律を、ソラのイスラム物語のマホメットが、
【目には目を】は、見て美しいものや楽しいものを頂いたら、誰かに見てうれしくなるものをお返ししなさい。
【歯には歯を】は食べておいしいものを頂いたら、誰かに食べるものをお返ししなさい。
それは、貰った人にお返しをしなければならないということではなく、地球の富が循環するように、つまり神様から与えられている地球の財産を独り占めすることなく、皆で分け合いましょう。
という元の意味に戻した。しかし、その後にまた悪者が、「目をやられたら目を傷つけるように、歯を壊されたら歯を壊せ」という恐ろしい復讐の意味にしてしまった。
現在も間違った意味を信じているために復讐による悲惨な争いが絶えない。
本当の意味を知らせてくれたソラのもの達は、本当に平和になるためには「目には目を…」の復讐ではない本当の意味が伝えられることが必要ということ、またイスラム世界だけでなく、王制(天皇制も含む)の見直しをする事が大切とも伝えている。
http://sora.ishikami.jp/jiten/index.php?id=20070221125737


2007年9月12日(水)
パレスチナ、ソラの意味?地球、インドネシアの地震、耳石
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20070912005354

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
友達物語には、“目には目を、歯には歯を”は復讐の教えではなく、元の意味は「【目には目を】は、見て美し ssorasouraisikamiシリウーニッポン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる