7つ星はプレアデナイの仲間だったからです。

7つ星はプレアデナイの仲間だったからです。

2005年8月21日(日)
ロクマク、6のつく宗教、山伏、中越の地震、ロボットの応援。

2005年8月20日 車中にて同行者の咳が時々出るので聞くと。
「シチ、シチ、シチ、、、、。(なかなかわからない)
七つ星 (=北斗7星) が肋膜の病気にさせました。
(かっての結核のこと)
死に至るまでに長い間かかるように考えた病気です。
そしてその長い間に、宗教 (特に仏教) にすがるようにさせたのです。
7つ星はプレアデナイの仲間だったからです。
それはプレアデナイが人間がこれ以上増えては困ると知らせておいたからです。
そして宗教をとおして人間を、星達の思うとおりにしようと話し合ったのです。
(右副鼻腔にサインあり=本当)

http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050815222934
の【祈祷の弊害】で書いていますが、宗教の祈祷の危険を知らせてきました。

この祈祷をしたのが↓の霊能者です。
http://www.shimo-yoshiko.com/
のサイトを読者より知らされ、Topの写真を見た途端、ぞーと寒気がしました。
それでもなんとか読みましたが、このサイトの中に6水院、6字明王という宗教がありました。

ちなみにサイトの写真の手は、この霊能者は佐賀県出身で、大陸からのリュージンの侵入を手助けして、日本を掴み離さないという意味だそうです。

http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050821150830

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック