祈祷の弊害、終戦記念日とお盆、太平洋戦争はなぜ始まったか?

高知の高温の意味、テロリスト、中国のイシカミ、祈祷の弊害、終戦記念日とお盆、太平洋戦争はなぜ始まったか?

#)朝「シマ、シマ・…シマント、四万十川に落ちた彗星?です。
(地球に呼ばれて)降りてきても何の意味もならなかったと叱られています。
(高知の四万十川近くで先日39、6度の最高気温だったこと)
ソラのものです。
なぜ、西日本が暑く雨が降らないか?
ナク、ナク亡くなったヤマタイコクの人たちのイシキが、目覚めを促しているからです」
(西日本は被差別部落の被害が大きい) → はやく目覚めてソラ社会の実現を

(東日本でなぜ雨が多いのか?)
「マツ、マツの人が呼ぶのです。  (マッケンサンバの人が)嫌がらせをするのです」
(徳川家光は支配星の人であった)
→ 支配星がこのように嫌がらせをする。 マッケンサンバのイシキは凶悪とか。


【祈祷の弊害】
《イメージ》
“ソラから縄のようだが、頭を持ち上げたヘビ?が降りてくる”
直ちに消滅のイメージをする。
なぜ、そのようなイメージを見せたかと次のように知らせてきました。

先日TVで、怪奇現象が起こる家に霊能者がTV局の紹介で祈祷していました。
半年前に丁度、同じTVで同じ家をその霊能者が祈祷をしているのを見たのですが、その時も大掛かりな鎌出し?とかしていましたが、全く効果がなかったそうです。
それで今回は10人以上の僧侶や、やはり10人以上の山伏が一斉にお経を読み、大きな刀を持った仏像をその家の庭に設置していました。
これではますます人間を振り回して、面白がったエネルギー体が悪さをするだろうな、と思っていましたが、そのことでリュージンの子供のヘビが降りてきた事を知らせたそうです。

#)夜中突然目が覚めて。
「まだ、気づきませんか?
敗戦記念日が(仏教の)お盆の日になるのはなぜかと?
全てはプレアデナイの計画だったのです。
人間に恐怖と極限の苦しみを与えて、自分たちのエネルギーを得ていたのです。
(プレアデナイやその部下は、人間の恐怖などネガティブな思いをエネルギー源としていたと、以前より伝えられています)
それは、争い好きなリュージン (伊勢神宮は隠れリュージンの大元) で戦争を始めて、仏教にすがりつかせて救いを求めさせていたのです。
(プレアデナイに関係ある) リュージンで始めて、仏教で終わる。
そのことに何時になったら気づくのですか?」寝る。

書いていると、口内にポリープができ、公開して欲しいと。
以下のことはチャネリングの言葉ですので真偽の程はわかりませんが、同じ事を以前にも伝えられています。

「太平洋戦争はなぜ始まったか?
以前お知らせした通りです。
日本は小さな国なので、もっと大きな国だったらいいなと(前)皇后が天皇に言ったのです。
そしてリュ-ジンのイシキに支配された伊勢の巫女が、戦争をしても日本は神の国なので勝つと、皇族の女の人に言ったのです。
(プレアデナイの部下の月人の言葉を聞いていた)巫女の言葉を神の声と思い込んでいたので、天皇もそう思ったのです。
そして、(忠誠を誓う) 東条に (そのことを) 言ったので、東条は実行に移したのです。
プレアデナイが全て裏で指図をしていたのです」

剣葬の儀
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20041219111153
戦争時の天皇
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050116210317
伊勢神宮と天皇家とのつながり
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20031124000521

【日本の年号】
日本の年号は実際にはどのようにして決められるか知りませんが、チャネリングでは伊勢の巫女のチャネリングで決められると知らされました。

・明治 = メイジ= (今の天皇家の一重の) 目を維持する事。
(カゴメ = 捕らわれて籠に入れられたノアの息子の “目” は色?が違い、二重?で違った。その事がいつ世に知られるから?)
切れ長の目は何を意味するか?
・大正 = タイショウ = 体は小。 (タイショウ天皇は体が小さかった)
・昭和 = ショウワ = 小さい輪 = 日本。(それで大きな輪を作ろうと太平洋戦争を始めたと)
・平成 = ヘイセイ= ソラからの情報を知らされても平静でいられるように。
という事ですが、あくまでチャネリング情報です。
イルミなティーのエネルギー体
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040901154053

 http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050815222934

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 愛する人を守るために散って行った人たち・・・神風特攻隊

    Excerpt: シェアブログ31に投稿 戦争を知らない世代へ・・・・神風特攻隊 死を覚悟して敵の艦船に突っ込む。燃料は片道分しか無く、帰還することは許されなかった。 彼らも死にたいはずはない。愛する人、家族のために散.. Weblog: アフィリエイターの本音ブログ(youtube 画像) racked: 2006-07-29 13:28