イシジンはイシカミの人間 >傷ついたイシジン →ミケランジェの作品ではないんだ。

>イシジンはイシカミの人間と伝えられ、デイダラボッチのようなものと想像していましたが、
>石像がイシジンの遺体だそうです。 以前見た時、大理石が生きているようで、
>布のカーブなどこれほど上手に創れるのが不思議でしたが、納得できました。
まったく人間の手が入っていないと とっていいのでしょう (か?) 細部にいたるまで

>歴史的にも芸術分野でも根本を覆すことですね。
>どれだけウソを教わってきたことでしょう。
バチカンにはその嘘の歴史を伝えた秘密帳などがあるのでしょうね、悪る上がりした
ほんのわずかなヒトが後生大事につたえずに (例の、民は知らしむべからずの一本調子で)
ただ芸術作品自体の本質のトリガーなるものは、そもそも天から降ってくる(ソラ、
イシカミさんなどが実際は創造していて) それを実現するにふさわしい強い気持ちと
技量を備えたヒトがつくっているとの説も
ありましたね。 悪エネルギー体製のもありますし。
>傷ついたイシジン →ミケランジェの作品ではないんだ。
日本には石造のローマみたいなのがあまり無いのかな そこまでする必要が無かったとか
かな イシカミさんもバラエティに富んでいるのかな

十戒 -- 映画 「 十戒 」の詳細情報 http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=10639
http://homepage2.nifty.com/e-tedukuri/THE%20TEN%20COMMANDMENTS.htm
このようなユダヤ教の戒律に異議を唱え、打ち壊そうとしたのがイエスだったのです。http://www.actv.ne.jp/~yappi/eiga/EA-01jukkai.html
(余談) Going My Way インターネット社会の「十戒」
http://kengo.preston-net.com/archives/001313.shtml
パレスチナとの和平を目指 頓挫はないと祈願か
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20060105it02.htm

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック