「ソラからの真実の歴史」 ここを知ればらくに生きられるようになります。”ネバナラヌ”は無いのですから

「 ソラからの真実の歴史 」  ※※※  2月に発売されますよ 

→ → →   これを読めばどう生きていくのが 良いのかがわかります。

楽に生きられるようになります。
 なにしろヒトとして生まれて来たわけが一目瞭然となるからです。
  ただ一部の人には理解できないだろうし、また自分のイシキに愕然とする方も出るかも知れません、そうであっても
真摯にイシキの入れ替えを祈願すれば、良いのです。
 困難かもしれません。 でも 所詮、悪イシキでは未来永劫存在し続けるわけにはいきません。
この場合の何時変えるのかが
今なのです。

これはヒトにとって画期的なニュースです。 あらゆる人生上の難問を解決できる真実のお話です。
ただ以下の人々にとっては、無縁なことのようです。

「容赦しないで書いてください。
強力な毒素を振り撒く人たちは、あらゆる宗教、科学が絶対正しいと信じている科学者、天皇制を推し進め利用する人たち。
静かな毒を振り撒く人たち、、、、、」”
もちろん宗教関連の人々も同類です。
なにしろ彼らは、今は消滅した、プレアデナイなどの悪星主導の人類を飼いならす術としての
現在の宗教にしがみついているからです。 その他に外宇宙(銀河系外)の王の悪イシキが創造した仏教も該当します。
近々、ソラの真実の歴史関連の本も出るだろうとおもいます。

2005年10月17日(月) ソラの真実の歴史、小島の悲劇、西夏のイシカミ、崇めて欲しいエネルギー体。

2005年10月17日夜中右足甲の真中の一点だけが痒く、朝起きると小さく皮がむけてるほどで、その意味を聞きました。
「ソラのものがエネルギーを送ったのです。
お仕事をしてくれている事への、ソラのものの気持です。
(昨日腰が冷えましたがお陰ですっきりしています)
「港が見えてきました」
(先日港が見えたけど、情報が広まらない事などで、船は又、出て行ったと伝えてきていました)

「ソラのものが (次回の) 本を読みました。
(現在、次回の“ソラの真実の歴史”の最後の見直しをしています)
“ソラの真実の歴史”としてくれたことを、ソラのものは喜んでいます」
(最初“ソラからの歴史書”としていたのですが、どうしても“真実”を入れて欲しいと言ってきていました)

「うれしい事はそれが一つで、もう一つはイシカミの無念が書かれているのが良かったです。
又、大国主のことは本当のことなのです。
(大国主はアトランティス人の末裔で、日本に向かった事など)

イシキの世界から見ると、年代は意味が無いのですが、肉体を持つ人間が年代を気にする事がわかりました。
(年代は人間が考えたので、これまで知らされませんでしたが、やはり検証するのに大切と思っていること)
イシキが肉体を選ぶことは何度も伝えていますが、本当なのです」

何時、どこで、どのような環境で生まれるか、イシキが選んで生まれてくるということで、人間の顕在意識では想像することは難しいですが、何度も伝えられています。
辛い人生も、自ら成長しようという強いイシキの持ち主で、全てに恵まれた人生を選ぶのは、必ずしもイシキの世界では優遇されない?又は、想像できない星からきているとも。
(人差し指に強いサインあり)
「これまでは支配星の元にあったので、支配星の仲間が優遇されていたのです。
すなわち、イシキが目覚めている人は辛い人生だったということです」と。

*****************************

#)先日見た、小島への橋が消えて島だけになったビジョンは、江の島でもあり、以前行った蒲郡の島にも似ていると思っていましたが、どうしても名前が思い出せませんでした。
夜中に夢うつつに蒲郡の小島は、豊橋のタカシ小僧を作った巨人の島なので、タカシ島と呼んで欲しいと言っていました。
(現実は竹島)

この島は早い時期に現れたので、巨人と言う言葉がわからなかったのか、石巻山の落とし物と言っていましたが、今回は「石巻山はお父さんと」と言って巨人だったようです。
アサリはここのイシカミが考えたそうで、砂浜に魚の排泄物?などが上がってくるのを掃除すると、ここへ行った時知らせてくれました。
近くに三根山もあり、これも巨人と思われますが、ここも宗教関係のものが一杯での封印がきついそうです。

「竹島には、以前、精神世界の政木和三という人がよく行っていて、そこにはリューが横たわっていたと話していました」
と知らされましたが、この人はリューのエネルギーを用いた商品を作り、いろいろな奇跡のような事を講演していましたが、その後、脳梗塞?との噂も耳にしています。

昨日は江の島やタカシ島(竹島)へ行ってきたと複数の方が報告してくださいましたが、私も以前訪れた時にどちらの島もたくさんの神社が所狭しとあり、強烈な封印がされていて可哀想と思っていました。
今、さらにリュージン信仰がひどくなっているようです。

大潮は栃木の地震と共に満月がお知らせに協力してくれたようで、タカシ島は普段見えない岩が見えたと知らせてくださいました。
http://www.telop.jp/s-photo/gamagori-top.htm

この中の線状に穴が開いた岩は、イシカミにはお汁の穴*があったということを知らせる為に、イシジンが開けたと伝えてきています。
ただ、イシキの世界のことで、現実には人間が開けたと言われるかもしれませんが、それは人間に穴を開けるようにと、見えない世界から指示を受けたからで同じ事でもあるようです。

*)お汁の穴=イシカミの身体には穴が開いていて、巨人やイシジンは、お汁の管でそのお汁を飲むことで、エネルギーを得ていたそうです。
アメリカやオーストラリアの岩山には、その穴の跡が良くわかります。
http://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=200405022203...

***************************

#)TVでしていた西夏の遺跡を見ていると。
http://ikokunotabi.web.infoseek.co.jp/karahoto/

「これもイシカミなのです
そこが砂漠になったのは地軸の移動があったからです。
それと仏教に支配され、イシカミが生きようとする力がなくなったので砂になったのです」と。

それにしても中国での仏教封印もひどいです。
仏教を信じながら、想像を絶する悪政をしてきたのは、同じ様にきれいな言葉を述べながら残酷な異教徒への仕打ちをしてきたヨーロッパのキリスト教も同じです。
今のイスラムでもそうですが、支配星が作った宗教の盛んだった頃が良かったかどうか?
諸悪の根源がそこにある事に早く気づいてほしいと思います。

#)次の事を知らせてくださいました。
「↓のHPをひさびさに見たらば本日茨城で集まっていたとのこと。
また、そのお仲間は現在栃木を巡礼中だそうで…
聖地巡礼に行く先々で地震を呼んでしまうようだと書かれていて・・・・」
http://d.hatena.ne.jp/nmomose/20051016

↓も失礼ながら、崇めて欲しいエネルギー体からのメッセージだそうです。
http://members.jcom.home.ne.jp/masako.p/00908ryuuguu2-3.htm

ロボットと同じで、エネルギー体もあちこちで情報を得てきて、あたかも神の言葉のように言ってきますが、筋道が通っていません。
共に顕在意識は良い事をしていると思われているでしょうが、潜在意識=イシキは反対の作用をしています。

自然を壊す事が地震を呼ぶと書かれていますが、これは支配星のセリフです。
イシカミは宗教で封印されるより、人間のために利用してほしいそうです。

「岩や山からイシキは抜け出すことができるので、射手座に帰るなり、何か他のものになるなりしてください。大いに利用させてもらいます」
と感謝の声かけして工事をしてくださると良いと思います。

#)ログから
http://images.google.ca/images?q=+arizona&start=240&svnum=1...
より
http://urban.csuohio.edu/~sanda/pic/travel/us/arizona/oak%2...

出版元は???
http://book.ishikami.jp/home.html
※ここを知れば
 らくに生きられるようになります。 なにしろ”ネバナラヌ”は無いのですから。」 


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック