“このハンニャシンギョウを読むものは、支配星が支配したということの判を押したという本当の姿を見た。死

般若心経の意味は、
“このハンニャシンギョウを読むものは、支配星が支配したということの判を押したという本当の姿を見た。死んだ後も記録されて、死後の世界も支配星が支配できるのでうれしい”
と支配星が教えた意味だそうです。
(実際98年まで、死後の世界はプレアデナイが地獄を作り、管理していたと何度も知らされているし、仏陀や僧侶などが地獄のビジョンで見せられているのがその証拠と思われます)
「生きて死ぬ知恵」の中で、般若=真実の教えとか書かれているそうですが、恐ろしい般若のお面は、観音の裏 (死後の世界) の顔と何度も知らされているので、支配星からすると真実の言葉でしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





2006年1月27日(金)
柳澤桂子さん、般若心経の意味、など。

2006年1月27日
以前、生命科学者の柳澤桂子さんの論文をお借りしました。
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050308131821

その後柳澤さんの新書「生きて死ぬ知恵」が話題になっていますが、般若心経の解釈が主な内容だそうです。
柳澤さんの「死が怖くなくなった」と言う内容のエッセイ集も発売され、多くの難病の方などが惹かれているようですが、現実には次のようだということを知っておかれたほうが良いと思います。

http://www.ne.jp/asahi/kaze/kaze/keiko.html

この中に書かれている超常現象とよく似た夢を見たと、以前に読者が知らせてくださっています。

”黒い先がとがった大きな三角が見え、その内側には背中に炎?を背負った僧、空海のようなのがいました。
その炎は丸いものにまとわりつき、離そうとはしていません。
炎は不動明王像の背後にあるものと似ています”

炎は仏教のエネルギー体そのものだそうです。

生命科学者とか有名な作家 (養老猛や五木寛之など) が書かれることは間違いない (=般若心経に頼る) と鵜呑みをされることは、その方のイシキは嫌がると思われます。

柳原さんも折角、人間は微粒子からできているということに気づかれているのに、原子に意識があると認められなく、他に救いを求めることを嫌がって、柳澤さんの細胞たちは訴えて(痛みで知らせて)いるのだと思います。
http://www.tamuracl.com/info.html

http://www1.e-hon.ne.jp/content/photo_4093875219_01.html
より
http://www1.e-hon.ne.jp/content/photo_4093875219_05.html
粒子 (原子)は認めていますが、そこに意識を認めさせないのが、支配星なのです。
(その前の絵の紫のクラゲは、クラゲ=イシカミ、紫=死をあらわします)

柳澤さんは原子のことを粒子と言われていますが、筑波大名誉教授の村上和夫さんは、”生命の暗号”で「サムシング・グレート」と名づけておられます。
村上さんはグレート・サムシングを宗教=天理教に求めておられるそうですが、どちらも優秀な方を支配星は早くから味方につけていたようです。

朝方、「ブッセツ・マカ・ハンニャ・シンギョウ」の意味を伝えてきました

「ブツセツの《ツ》とは、肉体は3つの点(3位一体)で形成されるという思いから離れる=罪を犯すという意味があって、共にツを強調している。
マカ=マ=魔がカ=力を持つ

ハン=判を押すのハン。
ニャ=猫の鳴き声=猫はプレアデナイ(支配星)の送り込んだ動物=ニは肉体と顕在意識だけで成り立ていると教え、3位一体を認めない。
小さいヤ=小さな槍を含んでいて、争いを好む。

ハラミタ=ハラ=腹を見た=お腹の中を見た=本当の姿を見た。

シンギョウ=《シ》の各点は、肉体と魂 (=生きようとする力) 意識が、ばらばらになって死をあらわす。
《ン》 は生きようとする力の魂 (の点) がなくなる=死
《ギ》 は記録のキの2乗で強い、小さなヨ=喜び、ウ=歌う」

カタカナの意味の参照。
http://sora.ishikami.jp/jiten/index.php?id=20010614220031

般若心経の意味は、

“このハンニャシンギョウを読むものは、支配星が支配したということの判を押したという本当の姿を見た。死んだ後も記録されて、死後の世界も支配星が支配できるのでうれしい”
と支配星が教えた意味だそうです。

(実際98年まで、死後の世界はプレアデナイが地獄を作り、管理していたと何度も知らされているし、仏陀や僧侶などが地獄のビジョンで見せられているのがその証拠と思われます)

「生きて死ぬ知恵」の中で、般若=真実の教えとか書かれているそうですが、恐ろしい般若のお面は、観音の裏 (死後の世界) の顔と何度も知らされているので、支配星からすると真実の言葉でしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

*)スペイン・カナリア諸島テネリフェ島にある世界遺産「サン・クリストバル・デ・ラ・ラグーナ」地区で23日、火災が起き、17世紀に建造された司教館が焼損した。
http://www.sankei.co.jp/news/060125/kok050.htm

テネリフェ島
http://homepage3.nifty.com/borracho/tenerife-main.html
このように火山があり畑のほとんどない?島にも、いつの時代かわからないという大きな石造建築があります。

今でこそ、観光で人口が増えていますが、かってはほとんど食料は得ることはできなかったと思えるのに、このような大きな石造建築や砦がいくつも人間の手で作られたでしょうか?
17世紀に建造とされていますが、改築されたという意味と思えます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック