ルルドの泉、あの泉の元の水は、地球の親切で出たものです。それを支配星が利用したのです。あの (泉を掘

ルルドの泉、あの泉の元の水は、地球の親切で出たものです。
それを支配星が利用したのです。あの (泉を掘り当てた) 少女は、支配星の使いのものなのです。 そして地球を誘惑したのです」

http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060317222226
2006年3月17日(金)
双子の山、手稲山、ルルドの泉、ビジョン、南極

2006年3月17日 3時、二つ並んだ三角山の風景が浮かんで目が覚める。

「皆さんに知らせて欲しいので起きてもらいました。
手稲山の分身が (三角山として) 二つ並んでいると知らせて欲しいのです。
(↓の画像参照)
全く同じ三角山なのは、同じにできたからです。
それが知らせたいことなのです。
このように同じ山が自然にできることはありません。
それは意味があってその双子のような形になったのです」
(この山は何時も見ているのですが、先日から木が光っているように思い
何かと思っていたのですが、昨日、初めて二つの三角山が並んでいて、良く似ているのに気づきました)

「それはイシカミのテネルフィア*によって造られたのです。
日本の手稲山がイシキとしてエジプトに行ったのが、テネルフィアになりました。
テネルフィアのイシジンの双子のイシキが、イエスとマホメットの元となったのです。
二人のイシキが人間に生まれ変わったのが、イエスとマホメットなのです。
今、二人のイシキが地球を覗いています。
そして (その二人を信じる人たちを) 憎しみあわせているのが、蛆虫を送り込んだ星なのです。
それが地球にエネルギー体を送り込んで、面白おかしく争わせているのです」寝る。
(先日マイナスの気温の時、外部の階段に大きなハエが止まっていて駆除した)

*)手稲山=これまで何度も知らせてきていますが、筋道はつながっていきます。
舟の底のような形の意味も知らせています(ソラの検索参照)
http://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=200603172230...
*)テネルフィア=これまで何度か知らされているエジプトの女神の名前ですが、後年の権力者に消された。(ソラの検索参照)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ピレネー山脈のイシカミが降りています。
丸のもの (イシカミ) です。
私を見て欲しかったからです。
私が門のイシカミ (凱旋門になった巨人) を扇動したからです?
何のために見てもらったかというと、一番悪いものに利用されているからです。
それがルルドの泉です。
あの泉の元の水は、地球の親切で出たものです。
それを支配星が利用したのです。
あの (泉を掘り当てた) 少女は、支配星の使いのものなのです。
そして地球を誘惑したのです」

* )ルルドの泉はピレネー山脈の麓にある。
昨日のお知らせ参照。
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060316213402
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今朝方は何回もビジョンやイメージがありました。

目がゴロゴロとして《ビジョン》があらわれる。
1)“人や何かわからないものが、ばらばらに描いてあるマンガ。
次のそれがびっしりと長い列を作っている“
意味は
「原子たちが集まって形を形成したことをあらわします」

2)“グレーの細胞の枠のような中に、独裁者?権力者?が入っていて、鍵がかかっている”
意味は
「悪者の独裁者がいても、鍵がかかっているので、ソラのものには手が出せない」
ということをあらわしたようです。

左手のひらにきついサインあり。
3)“一列にきちんといろいろな模様が並んでいる”
意味は
「それは物質で原子がきちんと並んで形作ることを知らせました」

4)“左下に斜め(三角)に紫色で、そのほかは黒っぽい”
“住宅地の地下から大きなトラックが出てくる”
“象 (=地球) などの動物の背中に、蛆虫?白っぽい虫のようなものが乗っているマンガ”
意味は
「ワームホールから悪い星が、ウジを送り込んだということです」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「星の言葉で悪者のことがたくさん書かれています。
それを知らせることが大切だかです。
(白い紙が黄色の細胞をあらわすような模様になる)
それを書くといけないという人が、支配星の策略にはまっているのです。
支配星の手伝いをしているのです」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓は昨日も紹介しました、南極のイシカミのイシキと関係?があると思われる方からの
今日のメールです。
南極のイシカミが一生懸命、竜神信仰者が来たことが、嫌だということを知らせているようです。
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060316213402
と関連しています。

「・・・あまり大きい地球がイメージできなかったので、ボールと思ってやっていたら、穴ができて黒いものが噴出しているようだったので(ワームホールでしょうか)雷を落としました。
しばらくすると、雷が地球の足になってクラゲのようになったように思いました。
地球の周りには何匹かリューやムカデらしきものがあり消滅しました。

一昨日は黄土色のヘビが何故かおとなしく座っているイメージがあり(その日に絵本を貰ってきて似たようなヘビが載っていた)不思議でしたが、土星と関係があったのでしょうか。

(土星が支配星を許していたので来ていたようです)

黒い柱というので思い出したのですが、精神世界に興味があった時に見つけたホームページで、沖縄のSさんという人が地球を救うために全世界に光の柱を下ろしているらしいのです。
最近見ていなかったのですが、昨日改めて見ると、1月に大きな仕事をするために南極に行ったと書いてあるではありませんか!!あまりのシンクロに驚いてしまいました」

http://www.freewebs.com/cosmicheart/jp/j-whomrs.htm
(この人も足が悪いようですが、それはイシキが進む道を警告しているようです)

↓は双子の山、手稲山(羊蹄山の恋人?)の子供。
http://sora.ishikami.jp/diary/images/20060317222226.jpg




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック