イシジンの発生、ハニワ、遺伝子のでき方?オートファジー、パラレルワールド、宮下古文書、ナスカの地上絵

イシジンの発生、ハニワ、遺伝子のでき方?オートファジー、パラレルワールド、宮下古文書、ナスカの地上絵

*)それぞれが独立して、一致団結して行動するというのを、棒状の雲の並列であらわしたそうです。  http://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=200604192358...
「それから (顔に) 穴があいて目と口になりました。
ハニワと同じでした。
丸いもの (アララト山の分身) から分かれたイシカミの巨人なのです。
(初めて降りてきたようで、イシカミの分身と言っていましたが、小さいのは巨人と教えると納得できたようです)
お墓がイシカミの分身です。
(これはまだどこの古墳かわからない)
そこからこのように分かれて生まれました」  (右わき腹にサインあり)
「(足ができたので) それで歩けたのです。
お汁は地球に降りていたイシカミからもらいました。
(頭の上の) ツボに入れてくれました。
仲間のイシカミは皆、親切でした。
(日本へ向かって) 東へ移動する時は、浮き上がって移動しました。
(身体の) 原子たちが手を離してくれるので (身体の原子がお互い少し離れるので) 浮き上がるのです」寝る。
(巨人の身体は原子の状態になるので風で移動できたようで、以前アトランティスでも空中移動できると伝えられていた)
・・・
意味は
「(雲のような丸は) 原子でそれが集まり、最初に2種類の塊ができます。
その二つが遺伝子となります。
その二つが一緒になって (片方が食べる?) ひとつの遺伝子となり、それが集まって細胞になります。
二つの思いの原子が話し合って一緒になり、バランスを取ってイシキとして降りてくるのです。 その (イシキ=思いを持った)細胞が分裂して増えていきます。
こうしてたくさんの人が増えていきました」
#)生物が飢えると細胞が自分の一部を食べる自食作用(オートファジー)というしくみが、細胞内の異常なたんぱく質を分解するゴミ処理装置としても働くことがわかったそうですが、自食作用の一致の情報でした。
http://www.asahi.com/national/update/0420/TKY200604190511.h...

http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060420180417

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック