イスラムの人、(ブッシュ、ラムズフェルト、チェイニー、ライス)がレプタリアンに関係、最後の晩餐、(モ

イスラムの人、砥石山、(ブッシュ、ラムズフェルト、チェイニー、ライス)が
レプタリアンに関係することを知らせてきて)スカル&ボーンズ、
最後の晩餐、(モナリザは、マグダらのマリアといわれるイエスを誘惑した悪女のエマ)
モナリザの謎


「本 (ソラからの真実の歴史?) で知らされた者です。
【】モノに意識があると知らされて目が覚めた【】のです。
星にも意識があり、悪い星に支配されていたのだと思ったのです。
奈落の底にいた者は、一瞬で、そのことに気づいたのです。
悪い星がマに力を与えていたことにも気づきました。
奈落の底にいた者たちが一市民に戻ったのです。
たくさんの無駄なお金が、仲間を倒すために使われていたことに気づきました。
【】人間は楽しく生きるために生まれてきたこと【】も知りました。
これまでは、マに支配された敵を倒すために生まれてきたと思っていたのです。
死ぬことしか思っていなかったテロリストも、今は愛しい人と別れなくても良いと思い、この世界で生きようと思うようになりました。
涙が出たのはイスラムの人が降りていたのです」
・・・
それだけに日本人で情報を知りながら知らん振りをしていた人たち (特に国や学問などの指導者たち) は、自分たちの立場だけ考えて、とても冷たいと思っていました。


その後、アメリカの閣僚 (ブッシュ、ラムズフェルト、チェイニー、ライス) がレプタリアンに関係することを知らせてきて、それを公開して欲しいと、左足の中指にきついサインがありました。
なかなか治らないので仕方がないので公開するからというと、即サインはなくなったのですが、しばらくすると再びきつくなって、中国のコ・キン・トウの名前も出てきました。
レプタリアン http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4879191450/ref%3Da...
【レプタリアンのイシキを消滅する】
・・・
「昨夜TVでダビンチコードのー中略―「最後の晩餐」の絵についての部分を見ました。この絵を正面から見てイエスの左側の人物はヨハネ(12使徒)という定説だそうですが、女性のような容姿から『ダ・ヴィンチ・コード』では、この人物はマグダラのマリアであるとの説をとっているそうです。
http://www.salvastyle.com/menu_renaissance/davinci_cena.htm...
参照:『最後の晩餐』登場人物配置図 をクリックすると人物名が出ます。

私は以前からこの人物は少年だと漠然と思っていました。
昨夜はこの絵を見た瞬間に目はこの人物のところに行きバー・ソロ・ミューかなと思いました」

「(美少年は)バー・ソロ・ミューです。
ユダのお金は (イエスを裏切ったためでなく) イエスたちの逃走用の資金を見せているのです。
当時、イエスは逃亡したと噂が流れていたからです。
なぜイエスの隣の人物を女性のように描いたかと言うと、ダビンチは美少年に惹かれていたからです。
当時、女性が男性と同じ席に座ることはなかったので、マグダラのマリアでもマナミでもないのです。
イエスとユダとバー・ソロ・ミューだけが、色の違う布を左肩にかけているのは、3人が逃走する計画がこの場で立てられていたことをあらわします。
色の違う布は、マントなのです」
ソラのイエス物語参照 http://sora.ishikami.jp/stories/yes.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
モナリザは、マグダらのマリアといわれるイエスを誘惑した悪女のエマと以前から伝えられていますが、今聞いても同じ答えです。
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050405122104


http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060513213655

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック