イスラエル(そして共存して暮らしてください。)、(【オーメンのエネルギー体を消滅する】)オーメン、石

借地料、イスラエル(そして共存して暮らしてください。)、
(そこにイスラエルを移すべきだ。)イラン大統領の手紙NO4,白へビ、
(【オーメンのエネルギー体を消滅する】)オーメン、
石室解体(「壁画を守るために墳丘を壊し、石室を解体することは、国がこれまで掲げてきた文化財保存の方針に反するのではないか」と指摘。)


「(イスラエルは) 土地の使用料を (パレスチナの) 難民に払ってください」
(イスラエルはパレスチナの土地を取り上げて国を作ったので、追い出されたパレスチナ難民に土地の使用料を払うようにという意味)
「(イスラエルの) 軍備をなくすればそのお金で払えるはずです。
それが一番大切なことです。 そして共存して暮らしてください。
それが一番平和に暮らすことができます。ソラのものより」寝る。
・・・
―イラン大統領が「イスラエルが、ナチスに弾圧されたユダヤ人のために作られた国家だというなら、それが中東にあるのはおかしい。
ナチスは欧州人が起こした問題なのだから、ドイツやオーストリアが自国の州の2つか3つを割譲し、そこにイスラエルを移すべきだ。
欧州に土地がないというのなら、欧米全体の責任ということで、カナダ北部やアラスカなど、土地が豊富な場所にイスラエルを移転させればよい」
などと発言している。・・
・・・

お腹にエネルギー体が入った感じがしたので、思い当たるあらゆるエネルギー体の消滅するも、症状は軽減しませんでした。
ふと、“オーメン”の映画が6月6日に公開されることを思い出し、
【オーメンのエネルギー体を消滅する】
と何回か宣言すると、一気に楽になりました。
それは“オーメン”の映画に、ヘビが教えた世界中の宗教などのエネルギー体が合体し、この情報の邪魔をするという計画がなさ、6月6日にそれが決行されるとわかっていたので、昨夜に前もって知らせてきたそうです。
オーメンの映画こそ、あらゆる地球上のエネルギー体が集合しているそうですので、この映画こそボイコットして欲しいと思います。
映画を見て悪のエネルギーを得ようとすると、決してその人のために良くありませんし、宇宙のためにも良くないのです。
・・・
#)悪神の白虎を保存するために、大切な石室を壊すという東京文化財研究所に対して、佐古和枝・関西外国語大教授(考古学)は
「壁画を守るために墳丘を壊し、石室を解体することは、国がこれまで掲げてきた文化財保存の方針に反するのではないか」
と指摘。


http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060521230938

(そこにイスラエルを移すべきだ。)イラン大統領の手紙NO4,白へビ、
(【オーメンのエネルギー体を消滅する】)オーメン、
石室解体(「壁画を守るために墳丘を壊し、石室を解体することは、国がこれまで掲げてきた文化財保存の方針に反するのではないか」と指摘。)


「(イスラエルは) 土地の使用料を (パレスチナの) 難民に払ってください」
(イスラエルはパレスチナの土地を取り上げて国を作ったので、追い出されたパレスチナ難民に土地の使用料を払うようにという意味)
「(イスラエルの) 軍備をなくすればそのお金で払えるはずです。
それが一番大切なことです。 そして共存して暮らしてください。
それが一番平和に暮らすことができます。ソラのものより」寝る。
・・・
―イラン大統領が「イスラエルが、ナチスに弾圧されたユダヤ人のために作られた国家だというなら、それが中東にあるのはおかしい。
ナチスは欧州人が起こした問題なのだから、ドイツやオーストリアが自国の州の2つか3つを割譲し、そこにイスラエルを移すべきだ。
欧州に土地がないというのなら、欧米全体の責任ということで、カナダ北部やアラスカなど、土地が豊富な場所にイスラエルを移転させればよい」
などと発言している。・・
・・・

お腹にエネルギー体が入った感じがしたので、思い当たるあらゆるエネルギー体の消滅するも、症状は軽減しませんでした。
ふと、“オーメン”の映画が6月6日に公開されることを思い出し、
【オーメンのエネルギー体を消滅する】
と何回か宣言すると、一気に楽になりました。
それは“オーメン”の映画に、ヘビが教えた世界中の宗教などのエネルギー体が合体し、この情報の邪魔をするという計画がなさ、6月6日にそれが決行されるとわかっていたので、昨夜に前もって知らせてきたそうです。
オーメンの映画こそ、あらゆる地球上のエネルギー体が集合しているそうですので、この映画こそボイコットして欲しいと思います。
映画を見て悪のエネルギーを得ようとすると、決してその人のために良くありませんし、宇宙のためにも良くないのです。
・・・
#)悪神の白虎を保存するために、大切な石室を壊すという東京文化財研究所に対して、佐古和枝・関西外国語大教授(考古学)は
「壁画を守るために墳丘を壊し、石室を解体することは、国がこれまで掲げてきた文化財保存の方針に反するのではないか」
と指摘。


http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060521230938

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック