(人間にケンカをさせて楽しむためです。)イスのつく意味、神輿の中身=ヤハウエ(青森のいわき山の巨人)

(人間にケンカをさせて楽しむためです。)イスのつく意味、
神輿の中身=ヤハウエ(青森のいわき山の巨人)ーの爪=石、太陽より、サイード


「(イスラエルは) 走らないといけません。(和平交渉を進めること?)
何度、これまで仲良くするように知らせてきたかわかりません。
(右足薬指にサインあり)
イスの星が知らせたことは、人間にケンカをさせて楽しむためです。
そしてイシカミの子供 (ヤハウエー) を支配し、神と名乗り、崇めさせてきたのです。
イスラム、イスラエルと、どちらにもイスがつくのは、なぜかとまだ気がつきませんか?ソラのものより」寝る。
(神が与えた土地だからと、ヨルダン西岸から撤退するのを反対している人たちのニュースを先日見ていた)
・・・
「(神輿の) 箱の中には、石が入っているのです。
その石は何かというと、(イシカミの巨人の) ヤハウエーの爪なのです。
ヤハウエーが切った爪を、当時の人たちは大切にしていたのです。
ヤハウエーの身体は土になったけれど、爪は石になって残っていたからです。
ヤハウエーは青森のいわき山の巨人*なのです。
それでイエスはヤハウエーに (チャネリングで) 導かれて青森*に来たのです」
*)ヤハウエー=ユダヤ教の神の名前ですが、この情報では早くから、青森のイシカミの巨人と伝えられ、未知の世界へ旅をしたいと、イスラエルへ向かったと伝えられています。
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20020415230640
*)青森=有名なイエスのお墓がありますが、情報では弟と船頭のお墓で、イエスとバーソロミューは南下して大坂で落ち着いたと伝えられています。
http://sora.ishikami.jp/image_dir/special/touhoku2003/  より
http://sora.ishikami.jp/image_dir/special/touhoku2003/touko...
ソラのイエス物語 http://sora.ishikami.jp/stories/yes.html
(ユダヤ教にも神輿を担ぐ風習があるが、なぜ、急に神輿のことを言ってきたかと思っていたら、ニュースのサイトの横に神輿の記事があり、ロボットが読んでいた?)
・・・
「なかよしこよしの太陽です。 私のお陰でお天気なのです。
(最近札幌は晴天が続いている)
それがわかるようにこれからもします。
雨は夕方から降ってもらいます。 変わらぬ愛を送ります。
長いこと、私に無理を言っていたのがイス座のものでした。
イス座のものがいなくなってうれしいです。
暖かな一年になるようにします。 半円に照らすことにしました?
夏が来たら少し (地球から) 離れて?冬が来たら少し近づくようにします。
イスラムの人たちにも過ごしやすくしていきます。
(中東などは冬が雨季なので) 夏に雨季とするように、イシカミさんと話します」寝る。


http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060522150557

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック