【エントロピーのエネルギー体を消滅した】 恐竜時代に地球には磁力はなかった。アトランティス人の移動は

【エントロピーのエネルギー体を消滅した】 恐竜時代に地球には磁力はなかったのです。
(昨日のお知らせの鉄が水を捕まえていると言う意味を聞くと)
鉄が水を捕まえているとは、鉄が電気を流して水素を支配しているということです。
人間の身体にも鉄Fe*があり、水がたくさんあるので、鉄に支配されていたのです」
アトランティス人の移動は少し浮いた感じで、とても楽に移動できたと伝えられました。
その後アトランティス人はイシジンで、原子に指示ができたので、原子が移動時は一旦離れてたので、軽くなったのかなと思っていましたが、重力がなかったのであれば軽かったと言うのもわかります。





鉄、エントロピー?、磁力、重力?、タスマニア他
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060618125529


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック