● 鳩摩羅什 とは、完全に支配星に支配され人でした。「色即是空 空即是色」なども最近ありがたがる

● 鳩摩羅什 とは、完全に支配星に支配され人でした。「色即是空 空即是色」なども最近
あ りがたがるやからが大勢出てきてますが、般若心経はトンでもない代物ですよ。詳しくは http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060327162350 を。

黄金比*はhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%84%E9%87%91%E6%AF%94
シリウスが考えてイシカミに教えたのです。同じく白銀比*もシリウスが木星に知らせたのです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E9%8A%80%E6%AF%94

→ (支配星は) 他人の知恵を盗んでいます。・・・

●リュウジン信仰は、悪エネルギー体の一時的な復活を手伝うことになります。
クラマジュとは、日蓮宗などでは大変な褒めちぎりようですが実態は、
“お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060327162350
2006年3月27日(月) 大分の地震、磨崖仏、クラマジュ、色即是空 空即是色の意味=石窟の仏教画、砂漠の花園   昨夜のシルクロードではクラマジュ(鳩摩羅什)のことを言っていましたが、何10年と囚われの身で、普通の精神状態でなく完全に支配星に支配された状態でした。
そのような人が訳したのが、現在も伝わっている日本のお経で、その中に「色即是空 空即是色」なども含まれているそうです。 いわば精神状態が異常な事態で翻訳された物というだけでなく、又、翻訳の仕方でどうにでも解釈され、それで宗派間で壮絶な争いになっているので、いかにお経に支配星のエネルギーが注がれているか良くわかると思います。”“のようです。
←  クラマ教で消滅したのにクラマジュが復活したかと思って聞くと、
洞爺湖の中に観音島があり、そこのリュージンが崇められていたのと、クッチャロ湖にもリュージンがいて、クラマジュが呼び出して?復活していたからだそうです。
それはイタンキ浜の画像で、青紫のぼやけた大きな光が出ていて、リュージンのエネルギー体であらわれたので、削除消滅しました。



黄金比と白銀比、室蘭市入江貝塚、ストーンサークルの中の土偶、クラマジュ、穀物模様、追記
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060605220750

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック