日本に来てから私の子供も生まれました。(イエス)亡くなったヒトの骨を残す様になったのは、原子が集まっ

日本に来てから私の子供も生まれました。(イエス)亡くなったヒトの骨を残す様になったのは、原子が集まって肉体が再生できると人間に教えたのです。
支配星の悪巧みです。亡くなったヒトのお骨を象徴的に残すのは悪いことではありませんが、
火葬した骨を拾わせるのは無残極まりなしです。一部のヒトだけが拾えばいいのです。これ
みよしがに沢山のヒトに見せる必要はありません。支配星(宗教、特に仏教)はヒトに強制してます。
強制は支配。してはなりません。

「人間が亡くなると骨が残りました。大昔の人は、原子が集まって肉体ができることを教えられて
知っていました。 それは石柱の模様に書いて教えていました。
http://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=200606081551...
けれどもそれを支配星は悪用しました。
亡くなっても骨が残ったら、それに原子が集まって肉体が再生できると人間に教えたのです。
それで支配星が支配していた (エジプトなどで) 権力者のミイラを、嫌がらせで作らせたのです。
そして支配した者が再び生まれ変わると思わせたのです」
(支配星が餓死をさせてできた日本のミイラは、言うことを聞かないと死後もジゴクへ行くと脅かして餓死させ、死ねばこのような姿になると他の人を脅かすためでもありました)
◎「イエスです。
弟のサナンダのことです。サナンダは本当の弟ではありませんでした。
サナンダは白い人でした。バーソロミューの親を探しにイタリアへ行った時、捨て子だったので
連れて帰ったのです。バーソロミューの話相手の友達として育てることにしたのです。
母は子供が生めなくなっていました。
イエスに知らせさせた方が良いと、ソラのものが言ったのです。
日本に来てから私の子供も生まれました。 生まれた子供の額に印をつけておきました。
それで今日、印*をつけることを知らせたのです」
* )印=ユダヤの歌などが残っている青森の戸来村の習慣で赤ちゃんに額に印をつける。
http://sora.ishikami.jp/image_dir/special/touhoku2003/touko...
「まだ知らせることはあります。
私たち(イエスとマホメット)のせいで、戦争が無くならないとソラのものに言われています。
それで知らせるようにソラのものに言われたのです」




2006年6月8日(木) ミイラ、閉じた門、馬人間、モスク・マン、イエス、印
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060608211845

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック