20060816伊勢神宮・巫女・龍神信仰・皇室・戦争 → すべてリュウジンを崇めるから発生する。 崇

20060816伊勢神宮・巫女・龍神信仰・皇室・戦争 → すべてリュウジンを崇めるから発生する。 崇めることはきわめて悪く、宇宙のルールに違反し、支配被支配の関係を作り出している。 伊勢神宮系統のアマテラスは、”偽アマテラス”。 本当のいわゆるカミさまはヒトに恐怖心をいだかせたり、支配したりはしない。 いわば支配は、これも宇宙のルール違反。
伊勢神宮+伊勢の巫女+皇室は、(北がでどこの)神武以来の悪のトライアングル。
これに騙され続けてきたのが日本人。
伊勢の巫女が (チャネリング?=神(もちろんリュウジン)の言葉として)A級戦犯も一緒に祭るようにと(戦死者および戦病死者のみが対象なのに)、
(神宮の隠れリュージン=巫女に付いていたため)
 そして以下の”太平洋戦争”もも伊勢の【】龍神巫女【】のおかげで
300万人もの日本人が死んだ。 死に切れない若者も沢山いたことでしょう。
 昭和天皇はその点をどう思っていたのか、殺される側の身になったら ・・・
「太平洋戦争はなぜ始まったか? 以前お知らせした通りです。
日本は小さな国なので、もっと大きな国だったらいいなと(前)皇后が天皇に言ったのです。
そしてリュ-ジンのイシキに支配された伊勢の巫女が、戦争をしても日本は神の国なので勝つと、皇族の女の人に言ったのです。
(プレアデナイの部下の月人の言葉を聞いていた)巫女の言葉を神の声と思い込んでいたので、天皇もそう思ったのです。
そして、(忠誠を誓う) 東条に (そのことを) 言ったので、東条は実行に移したのです。
プレアデナイ(仏教、リュウジンの産みの親,。悪逆非道な)が全て裏で指図をしていたのです」(日本をもっともっと痛めつけ、苦しめてやろう と)
+  #)夜中突然目が覚めて。
「まだ、気づきませんか? 敗戦記念日が(仏教の)お盆の日になるのはなぜかと?
 全てはプレアデナイの計画だったのです。 人間に恐怖と極限の苦しみを与えて、
自分たちのエネルギーを得ていたのです。(プレアデナイやその部下は、人間の恐怖など
ネガティブな思いをエネルギー源としていたと、以前より伝えられています)
それは、争い好きなリュージン (伊勢神宮は隠れリュージンの大元) で戦争を始めて、
仏教にすがりつかせて救いを求めさせていたのです。
(プレアデナイに関係ある) リュージンで始めて、仏教で終わる。
そのことに何時になったら気づくのですか?」寝る。
・ ・・  
剣葬の儀(いたぶっておまけに搾取した日本の庶民の恨みつらみを冷酷に斬り捨てるだと)
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20041219111153
戦争時の天皇 (所詮、神武の子孫+大室寅之助の孫)
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050116210317
伊勢神宮と天皇家とのつながり(皇室はリュウジンを祭神として祭っている変な一族)
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20031124000521

【日本の年号】
日本の年号は実際にはどのようにして決められるか知りませんが、チャネリングでは伊勢の巫女のチャネリングで決められると知らされました。
 ・明治 = メイジ= (今の天皇家の一重の) 目を維持する事。
(カゴメ = 捕らわれて籠に入れられたノアの息子の “目” は色?が違い、二重?で違った。その事がいつ世に知られるから?) 切れ長の目は何を意味するか?
 ・大正 = タイショウ = 体は小。 (タイショウ天皇は体が小さかった)
 ・昭和 = ショウワ = 小さい輪 = 日本。
(それで大きな輪を作ろうと太平洋戦争を始めたと)
・平成 = ヘイセイ= ソラからの情報を知らされても平静でいられるように。
 という事ですが、あくまでチャネリング情報です。
 イルミなティーのエネルギー体
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040901154053
・ ・・   
カゴメ紋は皇室が盗んだもの、ムウラから。
2004年6月23日(水)
ダビデの星=「カゴメ紋」の意味(2005/4一部訂正)
以前から何回か伝えられていますが、うたた寝をしていた時はっきりと。
「これからはイシキの世界と地上の世界 (現実の世界) が近づいてきますので、それぞれにお知らせがはっきりと現れてきます。    ソラのものより」
(台風などのこと?)
 このサイトのネットを管理してくださっている方の夢です。
【朝見た夢】
《海岸に屋根付きの筏が近づいて来る。
筏には体格の良い男の人が一人と箱 (契約の箱?) がある。
こちらの方からその箱の中身を問う声がすると、その人は
当時の物はもう無いがアメリカの? イスラエルの? “布” が入っていると答える。
すると、岸辺といかだの間に赤い絨毯が投げ込まれ、男の人は絨毯に上がってこっちに来ようとするが海の上なので腰くらいまで水に浸かっている》
 「これはノアの親子が日本に流れ着いた時に、ユダヤの象徴の “ダビデの星” のマークがついた 布=国旗を持って来たことをあらわします。
(大洪水で) 国から流されても、 又戻ってきた時によそ者と思われないように大切に持っていたのです。
それで籠神社 (=丹後の元伊勢) には、ダビデの紋 (=カゴメ紋) が有り、それが廻り廻って伊勢神宮に辿り着いたのです」
 * 伊○神○の灯篭にはカゴメ紋が彫られています。
 籠船に乗せられて、ノアの息子 (ムウラ) は船で流されたと知らされましたが、筏の上に籠に入れられ流された事が判りました。
最初知らされた時に船は貴重な物だったのにと思っていましたが、筏で流されたのなら納得がいきました。
又、父親のノアも金沢で乞食と間違われて、籠に入れられ生き絶えました。
何故 “カゴメ” というか言うと、 “籠” に入れられた外人の “目” を表わしているのです。
“目” は、日本人と外人と区別するのに、一番分かりやすいからです。
 ※2005/4追記 (一部訂正)
『カゴメの歌』♪
【籠の中の鳥は いついつ出やる】
 カゴメとは以前お伝えしましたように、籠+目=外人の目を意味する。
 * ノアの息子 (外人のムウラは籠に入れられ捕らえられた) とヒミコの娘 (イト)    の子供の、“山彦” は外人の目だった事。
【鶴と亀が滑った】
“鶴” がつるっとすべったのは、小鳥座の星座のイシキでさえ地球を支配しようとして宇宙の大元に戻った。
“亀” はイシカミをあらわすがイシカミさえも (その射手座の) ゼータとオメガが、 支配星の仲間に騙された事があった。
(* 鶴と亀が滑った = 転んだ、失敗したの意味)
【ウシロノ ショウメン ダーレ?】
「その鶴と亀の後ろにいるのは誰?
それらを操っていたのが、天の川銀河系以外の外宇宙の王たちのイシキであった」
と言う意味だそうです。

以上【原典】から抜粋しました。


【原典】
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060816120549
2006年8月16日(水)
神功皇后、統一教会、南京虐殺、国会議員の実家の放火、戦争責任、
 天皇家の神社である伊勢神宮では表立ってリュージン信仰が出来ないので、大本教でリュージン信仰を全国に広めさせたそうで、大本教は地球平和を唱えながら、リュージン信仰を世界に広めていったのです。
大本教本部の敷地に大金が埋蔵されていた理由も、なぜそこにあったかとても詳しく伝えられていて、その敷地の持ち主の子孫が今の時代にどのような状況なのかも、現実に知らされています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060813090707
2006年8月13日(日)
土グモ=イシジン、天手長男神社、お茶で固めた?雷、兵馬俑、雲の色など
 「悪者は伊勢にいるものです。
伊勢の人 (伊勢神宮の巫女) が聞こえる言葉は、支配星の部下のものだったのです。
(紫色の光があらわれる)
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060723233846
2006年7月23日(日)
暑寒別岳、謎の石頭、リュー泉洞、リュー王峡、7,5m石の巨人 、雲、【追記】
 伊勢神宮 (=隠れたリュージン信仰) を神と崇める皇室、その昭和天皇の言葉の復活、日本中の祭り復活=リュージン信仰、NHKの子供番組のリューの歌と踊り、長野の諏訪湖 (=ヘビ信仰)、天竜川の氾濫、長崎オクンチ (リューの踊り) と頭にちょっと浮かぶだけでも、リューの字が氾濫し、地球の嫌がることばかりです。
 又、台所に巨石や土石流が飛び込んできたというニュースを見て、なんらか意味があると思っていました。
真夜中目が覚めて
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060721205141
2006年7月21日(金)
天皇の参拝中止、脊髄液をあらわす川、トイレ、ペトラのアーチ、雲
 (伊勢神宮の) 宮司が言ってきたのです。
(A級戦犯も) 一緒に祭るように、伊勢の巫女が (チャネリング?=神の言葉として)言ってきたのです。
それを (靖国神社に) 伝えてきたのです。
言われたのでそれで一緒にしたのです」
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060719211952
2006年7月19日(水)
岩手、宮城調査旅行その1、続石など、滝観洞、脊椎と髄液をあらわすもの、天狗、地底人、雲と日暈
 同じく皇室 (伊勢神宮=リュージン信仰) を崇めさせることの極限に達していた太平洋戦争末期に、福井地震や東南海地震による津波など起きています。
次々知らされるように、全国的にリュージンをあがめる祭りなどが復活してきているようで、町中に子供から大人までリューの模様などあふれています。
今回、岩手と宮城の調査旅行をしてきましたが、山の中の巨石や山全体に、紫色のリューのエネルギー体が支配しているのが、ますますひどくなっていることがよくわかり、大きな災害になったこともつながると思いました。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060615161420
2006年6月15日(木)
マホメット、日の丸、皆神山、木星、お城、1800年の絵、【追記】お城の石垣
その月にいた部下 (のイシキ) が、伊勢神宮の巫女に降りたのです。
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050529170134
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20020125123848
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060413145716
2006年4月13日(木)   赤血球、進化論、細胞分裂、アフリカの女性、高所の岩絵、異次元、船の事故=進路の間違い、追記
 木曳き 伊勢神宮へ奉納
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/shakai/20060413/K2006041300023.html
伊勢神宮の20年後との立替の意味。
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050305143740
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060316095555
2006年3月16日(木)   イシカミのビジョン、リューに支配された人、頭蓋骨の変形、宮参りの弊害、Mgの意味、自然の警告
 「昔からこの地方では、『三輪がさき、、(伊勢よりも)』 という言葉があります。
(つまり、生きてる山を大切にしていた主祭神・大物主の方が、伊勢の天照より先だ、、と言うことを民衆のイシキは知っている)」 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060210230125
2006年2月10日(金)
癌細胞、遺跡の保存、田、オオモノ=オオクニヌシ、カゴメ紋など。【追記】緑=カロン
 伊勢神宮の灯篭にカゴメ紋があります。
その模様は、(倭の国を作った) ノアの親子が伝えたのです。
それを知って伊勢神宮に使わせたのです。
3000年ウソで固めてきたのです。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20051221115939
2005年12月21日(水)
巾着地震、2チャンネル地震雲掲示板、異常事件はなぜ起こるか?タミフルに耐性
 先日の遠隔地震?(震源が伊勢湾*M5,1で、ゆれたのが東京大手町や茨城県などのみ)
は以前、巾着の袋でその原理を知らされました。
 http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20051024205105
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20051109145532
2005年11月9日(水)   新しい太陽と黄砂、低温核融合、苦しむことを楽しむ者、昆虫の星、西遊記、ソラからの天皇制など。
 結婚式に伊勢神宮の宮司が立ち会うそうですが、宮司の帽子のタレは昆虫の星が
“触覚を持つものを神と崇めるように”
と送り込んだ教えをあらわしています。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20051108154509
2005年11月8日(火)
地球規模の地震?マルタの遺跡、シリウス、人間誕生、山手線事故、画像集など。
 この夢のあと、宮津の元伊勢の籠神社に行って、宮司さんにあちこち案内していただいて
社務所?の床の間の絵を見て驚きました。
その絵は天の橋立の内海?に、リューが玉を持って真っ赤な炎を吹き出しているのですが、
絵の背景がこの神社の周りで、隣の真奈井神社の所に鳥居が描いてある所が、夢で出てきた水から上がる人を私が介抱している場所と同じだったからです。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050829133742
2005年8月29日(月)  諏訪大社、霊主体従の時代、シラヤマなど。
 伊勢 (神宮の隠れリュージン=巫女に付いていた) が嫌なことをするようにと押し付けてきたのです。
それであの行事が始まったのです」
(鹿の頭やカエルに矢を射たのを供えること、ソラの生物辞典参照)
(右下肢が痒くなり、ほんとうです)と。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050815222934
2005年8月15日(月)
オメガ、ゼータ、高知の高温の意味、テロリスト、中国のイシカミ、祈祷の弊害、終戦記念日とお盆、太平洋戦争はなぜ始まったか?
 それは、争い好きなリュージン (伊勢神宮は隠れリュージンの大元) で戦争を始めて、仏教にすがりつかせて救いを求めさせていたのです。
(プレアデナイに関係ある) リュージンで始めて、仏教で終わる。
そのことに何時になったら気づくのですか?」寝る。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050807192217
2005年8月7日(日)   浅野和三郎、リュージンを育てた結果、シリウスより、ホシノミナより、ソラのものの怒りの雲。
 * )リュージンを降ろす=これは伊勢の巫女さんも、伊勢の勾玉池に神を降ろすと言ってリュージンを降ろしていました。リュージンはそれぞれ古代からのいろいろな神と呼ばれている姿で降りたようです。
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040102145499
 「それらのリュージンは、オニサブロウやその弟子についてあちこちに運ばれて行きました。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050804184422
2005年8月4日(木)  シリウスの働き、水道橋、リュージン、ビジョン。
 それで伊勢神宮のリュージンが (日本だけでなく) 世界中を支配下に治めるために出先機関を作ったのです。
 それが大本教で、リュージンを広める役をしているのです。
(大本教敷地には金リュー海という池がある)
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050801233624
2005年8月1日(月)
異常な雲、パレスチナ、第10惑星の出現、エジプトでの人間誕生、尼崎の創価学会。
 伊勢の巫女が(イメージの)リューの尻尾で星*を作りました」
 * )98年春伊勢で伊勢神宮の巫女さんの家に行った時、チャネリングで“リューの尻尾でかき集めて、星を作るように”言われたと、目を閉じて瞑想していました。しばらくすると「本当に星ができた」とビジョンで見えると同席していたチャネラーとともに言っていましたが、私は半信半疑で聞いていたら、本当に数日して新しい星が見つかった、と新聞に出ていたのを覚えています。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050727222524
2005年7月27日(水)  青葉山のザザレ石=名のない星、ヨウセイ天皇、ビジョン、富士山の麓、アメリカの横虹、ドイツの石器など。
 これはラダ星人とコンタクトを取っていたチャネラーも以前、日本列島は半分になり、更にそれが半分になると真剣に心配していましたし、伊勢の巫女さんも同じ様な事を言っていました。
 ↓の情報をお寄せくださいました。
#)アメリカでの横虹=輪にならない=モンタナの地震
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050717212315
2005年7月17日(日)  酒井勝軍(サカイ カツトキ)、竹内巨麿より、
 すなわち、イエスが普通の人間であり、日本へ来た事、伊勢神宮の灯篭の紋が、(ユダヤ人と同じ)紋である事です」寝る。
(カゴメ紋とダビデの星が同じ紋)
 朝、左足首にサインあり。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050628184744
2005年6月28日(火)   緊急の穀物模様、爬虫類の星のイシキの支配、蛍の光、地下空洞を白い光で満たす事。追記。
 それはそれまでの仏教の支配に加えて、明治維新で爬虫類のイシキと関係あるイルミナティが日本に入って来たからで、伊勢神宮の偽の神 (=偽アマテラス=プレアデナイと爬虫類が共同で作り上げたリュージン) を祭る天皇を崇めるようになったことと関係します。
こうして神道と仏教という全く違う宗教が、共同でより強く、イシカミである岩や山を封印していったのです。
 又、新興宗教はいずれも宗教ではないと言いながら、本部などではリュージンを崇めていることで明らかです。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050627213552
2005年6月27日(月)
爬虫類の星のイシキの支配、リューグウ、蛍、ツワリ、空梅雨など。
 (先日、伊勢神宮の最高の巫女だったチャネラーが、 一晩で白髪になったのは、
プレアデナイの部下であった月人に支配され、恐怖のビジョンを見せられたからと
伝えられましたが、メールで、 “そのビジョンは一日中下腹部を目がけて矢やレーザービームを打ち込まれたから” と何かの本に書いてあったと知らされました。
私が聞いた時は元巫女さんは答えられなかったですが、チャネリングで苦労をされている事はよくわかりました)
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050616152711
2005年6月16日(木)
支配された地球、穀物模様、ビジョン、イルミナチについてのメール紹介。
 98年に伊勢神宮の最高位の巫女で皇室の相談相手だった石田カツエさんは、プレアデナイの部下で月を占領していた意識体とコンタクトを取っていました。
そのお家に招かれた時、石田さんがチャネリングで 『竜の尻尾で星を作るように言われた』 と言って一生懸命念じていました。
 当時プレアデナイとコンタクトを取っていた吉田貴史さん (名古屋市瑞穂区在住だった) も力を与えていたようでした。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050614141716
2005年6月14日(火)
地球より、チリの地震、伊勢神宮の柱、モライ遺跡、諏訪タイシャ他。
 それが伊勢 (神宮) の柱です」
 「北にいるイシカミがお知らせして欲しいと言ってきたのです。
地球が救いを求めてきたのです。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050529170134
2005年5月29日(日)  山鼻神社の意味、皇室と伊勢神宮のつながり、地球、インカの石組み、大三島の火事。【20時追記】
 廃仏毀釈は西郷の提案でしたが、それと同時にそれまで大切にされていた石信仰を止めさせ伊勢神宮を祭り上げるようにしたのです。
それで伊勢神宮がなぜ皇室の神社になったか知らせます。(左親指にサインあり)
 伊勢には密かな決まりを作りました。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050520223133
2005年5月20日(金) 憑依された少女、カラト古墳など。 5月20日*印追記。
 *その人こそ私の前にプレアデナイとコンタクトを取り、伊勢の巫女さんと一緒にシリウスを消滅することに参加した人で、奥さんの苗字でした)
 それから今度は少女に、
「まだ死にたくない、これから人生を楽しみたい。生活はきちんとするから私に取り付かないで欲しい。あなたは光の方に向かって歩いていくと天国に行けるから」  と伝えるように言いました。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050509205515
2005年5月9日(月) シリウス、創造科学、白馬の地上絵、ノアの洪水など。
 (これまで何度も書いていますが、98年春伊勢の元最高位の巫女さんとプレアデナイとコンタクトを取っていた吉0さんという男性が、「シリウスが地球を乗っ取るので消滅するように」 と同じチャネリングをプレアデナイから受けていて、一緒に 「シリウスを消滅した」 と言う言葉を発しているのに立ち会いました)
 「シリウスがイシキを失っている間に、それを悪用して宗教と合体させたのです。
気象衛星の画像を縞模様にしたのは私 (シリウス) たちです。
________________________________________

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック