【以下の続き】 20060816伊勢神宮・巫女・龍神信仰・皇室・戦争 → すべてリュウジンを崇めるか

【以下の続き】 20060816伊勢神宮・巫女・龍神信仰・皇室・戦争 → すべてリュウジンを崇めるから発生する。
崇めることはきわめて悪く、宇宙のルールに違反し、支配被支配の関係を作り出している。 伊勢神宮系統のアマテラスは、”偽アマテラス”。 本当のいわゆるカミさまはヒトに恐怖心をいだかせたり、支配したりはしない。 いわば支配は、これも宇宙のルール違反。
 伊勢神宮+伊勢の巫女+皇室は、(北がでどこの)神武以来の悪のトライアングル。
これに騙され続けてきたのが日本人。

 【 http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040422114942
2004年4月22日(木)  ナ○ヒトより、ビジョン。
イシキが降りてこられていましたので、伊勢の元巫女さんとの関係や、この情報に付いてとソラからの伝言の本を、秋篠宮さまにお送りしました。
勿論何の反応もありませんでした。  その後ナルヒトが、】より
 ナ○ヒトとは、ナニからかヒトになったのか

伊勢の巫女が (チャネリング?=神(もちろんリュウジン)の言葉として)A級戦犯も一緒に祭るようにと(戦死者および戦病死者のみが対象なのに)、
(神宮の隠れリュージン=巫女に付いていたため)そして
以下の太平洋戦争も伊勢の【龍神・巫女】のおかげで日本人が
300万も死んだ。 伊勢の【龍神・巫女】→ 東クニ飲み屋キ●●→ (その同級生のナガラの
宮)→ 昭和・・・ で伝わり、満州事変勃発。 前提条件は、ニホンはシンコク(リュウジンの)
だからうまくいく。 こんなことで赤紙一枚で戦死したのか。 


「太平洋戦争はなぜ始まったか? 以前お知らせした通りです。
日本は小さな国なので、もっと大きな国だったらいいなと(前)皇后が天皇に言ったのです。
そしてリュ-ジンのイシキに支配された伊勢の巫女が、戦争をしても日本は神の国なので勝つと、皇族の女の人に言ったのです。
(プレアデナイの部下の月人の言葉を聞いていた)巫女の言葉を神の声と思い込んでいたので、天皇もそう思ったのです。
そして、(忠誠を誓う) 東条に (そのことを) 言ったので、東条は実行に移したのです。
プレアデナイ(仏教、リュウジンの産みの親,。悪逆非道な)が全て裏で指図をしていたのです」(日本をもっともっと痛めつけ、苦しめてやろう と)
+  #)夜中突然目が覚めて。
「まだ、気づきませんか? 敗戦記念日が(仏教の)お盆の日になるのはなぜかと?
 全てはプレアデナイの計画だったのです。 人間に恐怖と極限の苦しみを与えて、
自分たちのエネルギーを得ていたのです。(プレアデナイやその部下は、人間の恐怖など
ネガティブな思いをエネルギー源としていたと、以前より伝えられています)
それは、争い好きなリュージン (伊勢神宮は隠れリュージンの大元) で戦争を始めて、
仏教にすがりつかせて救いを求めさせていたのです。
(プレアデナイに関係ある) リュージンで始めて、仏教で終わる。
そのことに何時になったら気づくのですか?」寝る。
・ ・・  
剣葬の儀 (いたぶっておまけに搾取した日本の庶民の恨みつらみを冷酷に斬り捨てるだと)
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20041219111153
戦争時の天皇  (所詮、北の出の神武の子孫 + 大室寅之助の孫)
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050116210317
伊勢神宮と天皇家とのつながり(皇室はリュウジンを祭神として祭っている変な一族)
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20031124000521




【 原典 (続き) 】
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050415083758
2005年4月15日(金)  彗星のその後、地震雲?、16時追記。
 当時伊勢の巫女さんやプレアデナイの女王とコンタクトととっていた吉0さんというチャネラーや、知り合いの男性などは、巨大彗星が地球に向かっているとそれはリアルに、ビジョン, 音まで聞かされていました。
それで巫女さんのグループは10数人で、皇居を守る為東京まで出かけたということも聞きました。
彗星の東京直撃と聞いていたのですが、その時も彗星が分割して主要都市を目がけていると言われていましたが、現実にはイシキの世界に衝突したという事で何ら変わりがなかった事を思い出しました。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050402215458
2005年4月2日(土)  0篠0、夢とイメージ、江0啓0さん、日蓮と法然。
 「伊勢の巫女のように皇室に助言をする人で、まだ若い人?
その人がお知らせ (この情報) が嘘だといって全部握りつぶしています?」
(0サ0さん もネットをするそうです)
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050311191757
2005年3月11日(金) 
油より、過去世のつけを払う、地震の体感、他のチャネラーさんより。
*  シリウスのイシキが消される = 98年春、伊勢神宮の最高の地位の元巫女さんと吉0さんというプレアデナイとコンタクトをとっていたチャネラーが、プレアデナイに指示されて 「シリウスを消滅した」 というような事を言われていたのを、私は誘われてその場にいたのではっきりと聞きました。
 2005年3月11日真夜中、目がチクッと痛くて目が覚める。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050305143740
2005年3月5日(土) 踏まぬ石、茅の輪くぐり。
 伊勢神宮の建物が (20年毎に) 建て直されるのは、石 (=踏まぬ石の) の事が
知られると困るからです。
その意味は、石はいつまでも壊れないのに木製の建物は古くなって行くからです。
いつか (建物が) 古くなって見捨てられないか心配だったので、
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050228002505
2005年2月28日(月) ムウラ(ノアの息子), 足王神社。【10月31日追記】
 それでムウラの遺体の一部が伊勢に落ち着くまで、あちこちに寄った所が元伊勢と伝えられていたので、岡山にも元伊勢があるのかと探すとあり、
その名も伊勢神社そのものでした。
けれども最初は、ムウラの足を ‘穴門山神社’ の洞窟に納めたそうです。
http://www.okayama-jinjacho.or.jp/shiki/shiki28.html
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050221160860
2005年2月21日(月) 天の釣り船、インドのイシカミ、温泉。
 (ムウラの遺体はバラバラにされ、頭部は伊勢、足首は名古屋の椿神社、性器は椿大社に運ばれたと伝えられています)
 2005年2月19日 インドの津波の後露出した岩を見ていると薬指にサインあり。
http://www.earthfiles.com/
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050213221260
2005年2月13日(日) オシリス
 ムウラの場合胴体はどこにも運ばれなく、大江山の元伊勢に残されたそうです。
倭姫があちこちに行っているのでばら撒かれたと思っていましたが、違いました。
単に紛らわしくさせただけのようです。
http://www.7kamado.net/yamatohime.html
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050128162355
2005年1月28日(金) 星原へ来たユダヤ人の青年。
 次の年に再度ペア○ーは来日したのですが、訳があって連絡されなく偶然わかった事で電話でだけ話しましたが、こっちに来て欲しいと彼は言ったのですが、私も急に仕事も休めなく、会えないままで伊勢神宮などへ行ったようです。
 その後連絡先に何度かファックスなどでこの情報を送ったり、送ってもらったりしたのですが、私が変だと言われたのか、情報を受け入れられなかったかで途切れてしまいました。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050111203223
2005年1月11日(火) ソラのものの疑問と現実のシンクロ。
 瀬戸内海の小島になぜ立派な神社があるか、それはジンムが若者を殺したので祟られては困るので、地元の人達にしっかり守るように言っていたためと、伊勢と繋がっていたので保護されていたからと筋道が通りました。
因みに、なぜこの大山ズミの名前が気になっていたかというと、精神科で二人の患者さんが信じていた宗教と同じ名前だったので良く覚えていました。
(この宗教だけではありません。入院患者さんにはいろいろな宗教の信者さんが多かったと覚えています)
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050106201646
2005年1月6日(木) 足の岩、ヨルダン川西岸の風習、ミンダナオ島、椿神明社。
 ちなみにムウラの頭部は伊勢に持って行き、20年目ごとに建物を建て替えるのは、当時はムウラが生き返って復讐をされないか心配だったので、定期的に確認するために建物を建て替えると知らされています。
そして、ムウラの性器が椿大神社 (三重県) に納められたとも。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20041219111153
2004年12月19日(日) 斂葬の意味。
 伊勢の巫女が歴代の天皇の絵の描かれた掛け軸を預かり、天皇は誰一人成仏出来ていなく、空海ですら誰一人成仏させる事が出来なかったので、成仏させて欲しいと頼まれたという事は本当なのです。
(私は何も知らなく、98年にプレアデナイとコンタクトをとっている人と伊勢の巫女さんを引き合わせ、直接話も聞き掛け軸も見ました)
 その時にプレアデナイに支配された男性が念ずると、古ぼけた絵が写真のようになったのを あなた (著者も) 見ましたが、プレアデナイは絵を写真のようにする事は出来ても、それらの人は決してソラに昇る事は出来ないのです。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20041209003127
2004年12月9日(木) 石巻山、いて座の女王、青山高原。
 (これは伊勢の巫女さんと吉田さんがチャネリングの話をしていても、私には何も分からなかったのと同じでした)
 私のチャネリングが始まってお家にお邪魔した時に、その家の水晶に巨大な緑色のアナコンダが水晶の中に入り込んだような模様が出て、家に帰ると私の家の水晶にまでそれが見え、アナコンダが逃げ込んだと言って来ました。
必死でその姿を消そうとするのですが、人=ブッタの姿に変わって哀願するようにしたりして、それを消滅するのに3時間位かかりました。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040712115849
2004年7月12日(月) ベガ星、デリケート・アーチを作った巨人より、イスラエルとパレスチナの女性の分離壁の反対デモ。
 又、伊勢湾台風では靴塚が出来るほどの台風になった。多くの被災者で靴が塚が出来るほど集まった事?)
 人間はイシカミを悪者のように言うが、イシカミ達がいて座に戻ろうと思うと、
この地球は一瞬にして死の星になる。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040623232739
2004年6月23日(水)
ダビデの星=「カゴメ紋」の意味(2005/4一部訂正)
 それで籠神社 (=丹後の元伊勢) には、ダビデの紋 (=カゴメ紋) が有り、それが廻り廻って伊勢神宮に辿り着いたのです」
 * 伊○神○の灯篭にはカゴメ紋が彫られています。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040617172756
2004年6月17日(木)
綾部についてのまとめ。【5,12,26日、出口ナオについての記述は削除しました】
 マナイの元伊勢籠神社でも“藤祭り” と、巫女の舞 “刀振り” が神事で伝えられている。.................................................................................................................................................(籠神社)
2) ミョウガ = 2月4日に出る。剥いても中身が無い栄養も無い人間の生き方の戒め。..................................................................................................................................(阿須々伎神社)
3) タケノコ = 2月3日に出る。竹は人間のためにいろいろ利用できるように人の生き方を奨励。......................................................................................................................(篠田神社)
4) 揺らぎ松 = 風がないのに揺らぐ。..........................................................................( 向田 )
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040615121541
2004年6月15日(火) オオモトとソラの情報の一致。2005年10月31日追記】
 大江山の麓の元伊勢を思っていた時、
「ノアの息子でウシトラノコンジンと呼ばれた者の墓* です。
(時代があってるか考えていると)
必ずここに来てください。この墓は皆が作ってくれました。学びなのです。恐ろしいことが起こる前にとても栄えていた都があったことを知ります。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040516100551
2004年5月16日(日) イワクラ学会、星のエネルギー。 
これまで何度か書いていますが、98年春伊勢にて、伊勢神宮の巫女さん宅で、当時プレアデナイとコンタクトを取っていたチャネラー 吉0貴0さんが、エメラルドの原石に “大きくなれ” と念ずるだけでどんどん大きくなっていました。
その後指輪にされていましたが、格好が悪いくらい大きくなっていたのは、プレアデナイが異常なエネルギーを与える事が出来る証明だったと思います。
(プレアデナイはそのエネルギーで宝石を作り出し、人間が取りあって争うのを楽しんでいた)
同じく水晶を粘土のようにして、太くしたり細くしたりしていました。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040424090148
2004年4月24日(土) 蘇我氏とスイコ。
支配星は、蘇我に仏教、ジンムに (伊勢) 神道という強力な知恵を与え共に協力して (日本人が古来から信じていた) イシカミをなんとしても葬りさろうとしたのです。
それで、イシカミを信じて星述べを守る物部をやっつけたのです。
けれども朝鮮から来た人々に支配され、仏教を押し付けられた人が、ひそかに彼等をあらわす姿として、醜い石像 (猿石) を作ってせめてもの憂さ晴らしをしたのです」
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040423122350
2004年4月23日(金) ダイアナ妃、ビジョン、人質被害者への請求と王室の儀式の費用。 
 (小泉首相は) 見えない世界を信じるのに (靖国神社や伊勢神宮に参拝する) 長い間争いをさせてきた支配星の作り上げた神社しか信じません。
(ソラからの情報を) 無視し続け、アラブの人たちまでこの情報が届かない事で今の惨劇がさらにひどくなっているのは、日本の政府、マスコミ、学者達のせいなのです」
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040422114942
2004年4月22日(木) ナ○ヒトより、ビジョン。
 イシキが降りてこられていましたので、伊勢の元巫女さんとの関係や、この情報に付いてとソラからの伝言の本を、秋篠宮さまにお送りしました。
勿論何の反応もありませんでした。
その後ナルヒトが、
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040328214945
2004年3月28日(日) 小野小町より、カタカナ。
 元伊勢皇太神社の沢山の祠を見て、本当の事だったと思いました。
私はそれから長い旅に出たのです。
何日も歩き柿本人麻呂の流された石見の国に行き、そこで人麻呂と夫婦になりました。
その後ヤマトの人に人麻呂は殺されましたが、私は地元の人と思われて殺されませんでした。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040325213042
2004年3月25日(木) 皇太神社(元伊勢内宮)、北斗7星。
 【皇太神社 (元伊勢内宮)】
大江山の麓にある神社です。
情報ではノアの息子と仲間は製鉄をしていた集団であったが、ヤマトが滅ぼしてしまった。
けれども地元では尊敬されていたし、殺した事で祟られると困るので、神社を作り神として崇めさせていたと知らされました。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040317215712
2004年3月18日(木) 綾部、元伊勢皇太神社、由良川風土記。
 【皇太神社 (元伊勢神社)】
大江山の麓にある神社です。
情報ではノアの息子と仲間は製鉄をしていた集団であったが、ヤマトが滅ぼしてしまった。
けれども地元では尊敬されていたし、殺した事で祟られると困るので、神社を作り神として崇めさせていたと知らされました。
________________________________________
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20040306200755
2004年3月6日(土)
倭の国は由良川のほとり、そのナゾのいろいろ、トヨウケ(2005/5一部追記)
 (注1: 伊勢外宮と丹後の真名井に食物・豊穣の神として祭られているのは、
いにしえにトヨウケが人間のために食べ物を作り出したことへの感謝を、イシカミを封印するヤマトの支配から隠し守るために、遠くの真名井で食物豊穣の神として祭るようにしたのが始まりです。
後から降りたモノが本来のトヨウケの名前を踏襲した?事と知らされる)
(注2: 青森の 【三内マルヤマ遺跡】* は、【私市マルヤマ古墳】 のトヨウケが原初のモデルで、綾部の原初のモノ(=三宅遺跡による)* を青森の巨人にテレパシーで教えて、同じモノを作ってもらった遺跡と)
________________________________________
ソラとつながった方より : http://sora.ishikami.jp/jhistory/index.php?id=20060706091106
2006年7月6日(木) 【日本の湖の一覧】
 新沼(しんぬま) 群馬・伊勢崎市 (中心に中島)●▼ 
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%B2%BC
榛名湖(はるなこ) 群馬・(榛名山頂の榛名湖と中央火口丘の榛名富士。榛名神社)▼
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
________________________________________
ソラとつながった方より : http://sora.ishikami.jp/jhistory/index.php?id=20050725115130
2005年7月25日(月)
イシジンより、岡山のイシカミ、大本など他のチャネラーより。
 (大本の建物は)リュウジンを降ろすために作られたもので、伊勢の巫女に言われて作りました。
亀岡の人と伊勢の巫女がつながっていて、あそこに降ろしてから全世界に鏡を通して?広げるのです?
物部の民は利用されている?」(信者ですよね)
________________________________________
ソラとつながった方より : http://sora.ishikami.jp/jhistory/index.php?id=20050712054616
2005年7月12日(火) 私の体験(宇宙人、アトランティス、50mの断層など)
 伊勢神宮の巫女さん(Iさん=石田さん)のグループの一員(白鳥神社の女神主?Hさん=平岩さん)から 真夜中に電話があり、
「火星人が救援を求めて石田さんの所に来ているので、Yさん=吉田さん(プレアデナイとコンタクトを取っていた人)もここに来てと連絡して欲しい」と言われました。
 Yさんに連絡すると`自分には見えないし、夜なので行けないと伝えて`と言われました。
私は HさんとYさんが直接話されたらいいのにと思いながら取り次いでいました。
________________________________________
ソラとつながった方より : http://sora.ishikami.jp/jhistory/index.php?id=20050617123305
2005年6月17日(金) 私の体験の一部 (伊勢神宮と皇室)
 かって伊勢神宮の最高の巫女で、あらゆる神宮のことを決めると、他の人から聞いていた、石田かつえさんは70代の髪の毛が真っ白な方でした。
30代?の石田さんは、かの有名な [ライフ誌の表紙] に、インドのグルから何かを授けられている写真が載っていました。
そのライフ誌がお店に飾ってありました。
________________________________________
ソラとつながった方より : http://sora.ishikami.jp/jhistory/index.php?id=20050406231234
2005年4月6日(水) ムウラを探す旅
 1月16日の「お知らせ」を読み、名古屋駅前の椿神明社にノアの息子=ムウラの右足があり、頭部は伊勢神宮、性器は椿神社に納められたと知りました。
 その後になぜか愛媛県の椿神社(伊豫豆比古命神社)が気になり、椿の名前にひかれて訪ねてきました。
ここにもムウラの体があるかもしれないと思ったのです。
________________________________________
ソラ辞典 : http://sora.ishikami.jp/jiten/index.php?id=20050729222829
2005/7/29 大石クラノスケ
 いて座のイシキを持つ人で、チャネリングをして?イシカミを知っていた。いて座の女王のご在所の山に来ていたこともあった。(近くに大石公園がある)また、ひそかに部下の一人に藤波神社と大江山の元伊勢神社を守るように命じていた。今世では、新潟に生まれ変わり、自らの命にかえてイシカミを世に出す手伝いをしようとしたが、理解されなかった。
吉良と浅野は、共にイシカミを信じる者で先祖は同じ(かつて赤穂の者が船を出して、吉良に住み着いた)であったのに、クラノスケの人気を妬んだ天皇と徳川将軍の謀略によって争いを起こさせられた。
クラノスケや浅野家の家臣たちは、遅れて降りてきたイシカミの化身であったが、釈迦岳などの名前が嫌と地震で知らせました。
________________________________________
ソラ辞典 : http://sora.ishikami.jp/jiten/index.php?id=20010616213555
2002/10/8 元伊勢神社
天橋立と、大江山の麓の2カ所を知らされた。天橋立の元伊勢は、ノアの息子が籠舟に乗せられ流されたために作られ、大江山の麓の元伊勢は、ノアの息子が惨殺された場所に作られたと言われた。大江山の元伊勢神社は一つの大きな祠と20数個?の小さな祠が並んでいる。ノアの息子とその部下と知らされる。
________________________________________
ソラ辞典 : http://sora.ishikami.jp/jiten/index.php?id=20010616212259
2002/8/27 トヨウケ
伊勢神宮系統のアマテラスは、”偽アマテラス”
________________________________________
ソラ画像 : http://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20051221112345
2005年12月21日(水) 12月18日帯広の方より
 先日の遠隔地震?(震源が伊勢湾で、ゆれたのが東京大手町や茨城県などの遠隔地のみ)
は以前、巾着の袋でその原理を知らされました。
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20051024205105
________________________________________
ソラ画像 : http://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20051217111721
2005年12月17日(土) 帯広の方より
 先日の遠隔地震?(震源が伊勢湾で、ゆれたのが東京大手町や茨城県など遠隔のみ)
は以前、巾着の袋でその原理を知らされました。
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20051024205105

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック