異常事件について。

異常事件について。
そして言うとおりにしないと “このような地獄で永遠生きながら焼き殺す” と言い続けるのです。
イエスや釈迦なども HP の TOP の物語に書いているように、完全に支配され、悲惨な体験をさせられています。  (イエス物語、釈迦とブッダ物語参照)
あらゆる英雄、有名な教祖達もそうで、僧侶でミイラにさせられた人も、恐怖で支配され仕方なく餓死していったそうです


* **************************************


【 原 典 】
2004年6月6日(日)異常事件について。 
昨夜急に魂の気力がなくなった?ような感覚に襲われました。
眠れず真夜中に右手の平の真中がズキズキと数回していました。
「どうしても次の事を書いて欲しいのです」 と。

#) 佐世保小6児同級生殺害事件
それは長崎の同級生を殺した小学生が 「バトルロワイヤル」 のビデオや本を読んでいたという事は、以前 “恐怖を楽しんではならない” とこのサイトで警告していましたが、その恐れがそのまま出てきた事をあらわしているということでした。 

【支配星は人間の恐怖心を楽しみ、それをエネルギー源としていました】

何度もお知らせしている支配星の名前が “プ・レア・デ(ス)” * で、その言葉を発する事によりその想念が、今も宗教などを通して強力に人間を支配している事がはっきりしてきました。

* プ・レア・デス=プーと息を吹きかけて、レア=生焼き、デス=死ぬという意味が含まれている事が判かったので、以後は 【プレアデナイ】 とします。

・・と言う意味があり、この言葉を発するに人度に間のイシキ (=霊) は恐れおののき、 脳にインプットしてある通りに行動するそうです。
そして、それまで支配星から教えられたことから決して離れる事が出来ない、すなわ ち “強度の思い込み” に縛られるという事です。
(これは科学万能主義や、宗教から離れられない人たちを含む?)

それには、
【イシキ=霊をまず認めること。そのイシキに話し掛ける事】 が重要だそうです。
(これを書いた後、サインがありました)

【プ・レアデナイが作り出した宗教のお経を読む、 (聞く) 事は、その言葉の意味を、これでもか、これでもかと知らせているのです。これは他のどの宗教も同じなのです】 という事です。

大きな力のある支配星は、 【今はいませんが!】 人間の脳を簡単に操作できた恐ろしさがありました。
90年代初期にアメリカで高校生が、16人もの人を猟銃で撃ち殺しましたが、その高校生の頭の写真は、大きな穴が何箇所も開いていました。
それを上智大学? だったか、心理学の先生がコメントされていましたが、その後のそれらの事は忘れ去られたようになりましたが、それくらい支配星は脳に穴をあける事は簡単なようでした。

私が会った人も一晩で、支配星の部下に顔に大きなマイクの模様の傷を付けられていました。
その人は当時 TV タックルで、地球の世紀末の危機を訴えていましたが、支配されて言われるままに仕事も辞めてしまい、困っていました。

何も UFO が襲って来なくても、支配星は見えない世界から人間の脳をいとも簡単に乗っ取り、いわゆる幻聴や幻視をとてもはっきりと見せていました。
そして言うとおりにしないと “このような地獄で永遠生きながら焼き殺す” と言い続けるのです。

イエスや釈迦なども HP の TOP の物語に書いているように、完全に支配され、悲惨な体験をさせられています。  (イエス物語、釈迦とブッダ物語参照)
あらゆる英雄、有名な教祖達もそうで、僧侶でミイラにさせられた人も、恐怖で支配され仕方なく餓死していったそうです。

私も98年に2日間だけ プ・レア…の女王と名乗る存在に、完全に支配され同じ事を言われ続けたので、その恐ろしさがとてもよく分かるのです。
私は幸いビジョンが見えなかった事、チャネリングのことを知っていた事、精神科のナースで患者さんを見ていた事などのおかげで、 (一時は恐怖のために完全に狂わされましたが)  廃人とならずにすみました。
しかしその後も強度の鬱にさせられました。

その後はこの情報に出会い、完全に元に戻りましたが、多くの方が今も後遺症に苦しまれているのでないでしょうか。
特に98年までUFOなどのTV番組が多かったけれど、今は少なくなったことは、
支配星とその部下がいなくなった事をあらわしています。

それなのになぜ今、特に子供たちが豹変して惨劇が起こるのか?
それは支配星が、子供たちに時限爆弾付きの脳の操作をしているからだそうです。
すなわち、ある時期が来るとインプットしてあった事が現実に脳に作用し別人格に移行するようですが、人間の想像範囲をはるかに越えた知能の支配星は、どのような操作をしているかは判かりません。
スター・チャイルド (スターピープル*) とか、 インディゴ・チルドレンという言葉が一時流行リましたが
(今も精神世界で言っていますが) その子供たちが狙われていたのです。
* “スターピープル” は、 (支配星プレアデナイも含めて) いろいろな星が関わっていたそうです。天才から残虐なのまで、、。

↓次のことも早くから分かっていましたが、プライベートな事だからと差し控えていましたが、身体へのサインもきついのと、あまりにショックな事件が多いので書かせていただきます。 (支配星の支配)
#) 脳にインプット
ビー0た0しさんが、過ってバイクで頭にひどい怪我をされましたが、あの時にプレ・・・・は命を助けた代わりに、人気を利用して国民を洗脳するように、 脳にインプットされたと知らされていました。
それが現実になったと思ったのが、バトルロワイヤルや、刺客の役でした。

#) 太陽を敵視
地0村の 高0義0さんも全身麻痺から奇跡的に助かったのは、やはり支配星が利用する為だったと知らされましたが、彼はご存知のように太陽を敵視して、地球の危機を異常なまでに訴えています。
講演の内容も確かに一理はあるのですが、何度にも亘るその講演は次第に恐怖に満ち溢れていきます。
私も一度だけ講演の後の懇親会で間が空いたので、子供のシャワーの使い過ぎに対してどのように対応したらいいかとだけ聞いたら、恐ろしい顔で「そのうち鉄のバットで殴り殺されます」 と言われびっくりしました。

#) 精神世界系セミナーなど 
貴○花や、TOSH○など精神世界のセミナーを受けた後、精神に変化が来たりしているのは、支配星の想念のエネルギー体が真似をしているからと伝えて来ています。
このように知らず知らずに支配星は、‘有名な人たち’や、‘精神世界系のセミナー’や、‘ヒーラ-’ を通して国民に洗脳をしている事を知らせて欲しいということでした。

【お知らせ】 2001年6月17日
* スターピープル
1998年6月25日の出来事をご存じ無い方には意味が解らないかもしれません。
プレアデ (ナイ) は緊急の予言をしていて、信じていた私は楽しみにしていました。
けれども私が受けた体験はあまりにすさまじく、簡単には伝えられません。
恐怖の余りプレアデ (ナイ) とさえ言葉に出来ない位の存在でしたとだけ言っておきます。
そして今は支配星・プレアデナイのイシキ (=霊) はいませんので、心配は無い事も伝えておきます。

昨日突然プレアデ (ナイ) について知らせてくれました。
以前に見ていたのですが、次の文は覚えていませんでした。
これをコピーするのにとても苦労しました。これまで体験したことのない画面になったり、どうしてもコピー出来なかったりして一旦止めました。
プレアデ (ナイ) の嫌いなロボットが操作していた様です。

似たような情報で、 “以前にUFO が家に来た後子供が出来たので” と心配されて電話を頂きました。

ちなみに星物語を知られた方で心当たりのある方は、星達に頼むと霊を入れ替えて? くれるようです。
(実際に何人かしましたが、待っている星達がいるので簡単な様です)

↓ 以下の文はインディアンの伝説ですが、先日 「知らされた事」 と関連があると思いました。
《遠い昔、宇宙からの訪問者 (=プレアデ (ナイ) からの宇宙人) が人類の祖先である初期の頃の原人と交 わることによって急速に進化したといわれています。また 「星の人々」 という神話の中では、 “1985年以降に生まれてくる子供たちは星の子供たち (スターチャイルド) と呼ばれる” とあるのです。
彼らは、何万年という時を超えて、その血の中に受け継がれた知恵を復活させる。遥かな眠りの時代を過ぎ、大変動の時代に甦る。その多くは芸術家や、作家、または指導者的な役割 の人などの中に目覚めはじめる。
大きな影響力を与えていく立場の人に現われて、新たな世界を創る使命を持つのだ。というものです。
その人たちには、星の子供たちであるという自覚は殆んどありませんが、大いなる知恵や才能を与えられたり、ある不思議な力に動かされるように創造主に繋がるビジョンに向かって進んで行くのです。000000の伝説の “星の子供たち ” (=スターチャイルド) が来るべき地球の大変革* に偉大なる知恵をもたらしてくれることを否定する必要は何もないのです。 大変革の後、生き残った00000は多くの傷ついた人々と兄弟たちのために、働かなければなりません。いつまでも嘆き悲しんでいる暇はないのです。今度こそ、、》
 
* このプレアデ (ナイ) の言う 「大変革」 こそ、
1998年大干ばつ、1999年大冷害、2000年大地震を起こして、石器時代に戻す予定にプレアデ (ナイ) 達は計画をしていたと知らされました。
全ての予言者は支配星の支配下でそれを知らされたので、同じ様な予言になっていたいうことです。
けれどもその支配星たちがいなくなったので、その計画は無くなったのですが、いまだにこの様にとても良い事のように言っているので、それを多くの人が信じているのです。
支配星の知らせた事を信じる人が殆んどで、その想念が大きなエネルギー体になって人間世界に大きな影響を与えているようです。
そして辛いお知らせをしていると伝えられました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック