「 五木寛之+ 曽野綾子+玄侑宗久」 いったい何時まで、【宗教の囚われ人】でいたいのか?人類さんよ。

「 五木寛之+ 曽野綾子+玄侑宗久」 いったい何時まで、【宗教の囚われ人】でいたいのか?人類さんよ。 http://www.chuko.co.jp/koron/ 既存宗教はすべて悪そのものですよ。
90数%はそりゃーいいことを言っているかもしれません。 そこだけ取って【宗教法人】には
絶対属さないことです。 不安でしょうがない、これを何とかしたいと思うヒトは、【壊れ物】
(悲しみ、憎しみ、恨みつらみ、不安、怒り、からかいなど)をホカスすことをお勧めします。
これは段々効いてきますよ。 とにもかくにも壊れ物が出てきたら、即ホカスことを徹底的に
やることです。
貴方の幸せがかかっています。

以下に宗教がなぜ悪いのかを述べています。宗教をうたう作家(悪イシキの持ち主さんであることが多いようです)
“不思議を不思議のままにする強さを持とう” 玄侑宗久
“真実を「神のみが知る」喜び”曽野綾子
“私が他力を感じるとき” 五木寛之

「2000年の間すべての人類は今よりもっと真剣にいろいろな宗教を信じてきました。
その間は争いに明け暮れたとしか言いようがありません。
これらの言葉こそ、【宗教の煉獄に押し込めようとする支配星の思い】なのです。
【きれいな言葉で隠して、見えない牢獄に捕らえて2000年も過ごさせて、まだつなぎとめようとしています。】

癌になぜなるかわからないまま、がん患者に説教をすることや、(熱心なクリスチャンであった三浦綾子は)なぜ人生の半分を寝たきりだったかの真実を隠したまま、宗教を押し付けることにさらなる罪を犯しています。

【なぜ人間として生まれてきたか?】
肉体を創っている存在は”思いを持つ原子”だと知ると、他のものに頼ろうとする前にまず自分に尋ねるようになります。
他のものに頼ろうとすることが、支配するものと支配されるものにわかれ悲劇が起きるのです」

読者の方のブログから
http://blog.goo.ne.jp/amazing-stones/d/20070210
http://plaza.rakuten.co.jp/esu63/diary/200702050000/
(ちなみの今日のブログでは、宗教のエネルギー体を駆除してくれています)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2007年2月10日(土)
柿色のビジョン、宗教の囚われ人たち、
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20070210123026

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック