)【地球の異常気象】 【熱水鉱床に貴重な資源が多い】のは、【地下のイシカミの原子】が (人間に掘り出

【熱水鉱床に貴重な資源が多い】のは、【地下のイシカミの原子】が (人間に掘り出してもらって) 地上へ出たいからです。 なぜ高温の水のそばで生物が生きているかというと、【生物】も【イシカミの原子が変化して出来ているから】です。 仲間のシリコンだからです。
仲間のシリコンがようやく地球の中から出ることが出来るので、(カニたちは) お出迎えしているのです。
【地球の膜を造っている】、【イシカミの原子たち】は、人間が見向きもしないので怒っています。 ”やってられない”と膜を作るのを止めて出てくるのです。 (エルニーニョになる?)
 【地球】もあまりに【人間が勝手なので】、【悪い星に任せた】のです。
「お知らせてもイシカミを信じないので、地上に出た原子たちが次々とお知らせをするのです。」 それが【異常気象】です。

(普通に言われている二酸化炭素のせいだけで)【地球の異常気象】を論じていますが、一部の大雪、一部の地域の暖冬はどう説明するのですか?」
(砂漠で大雨、アメリカの一部は大雪、ヨーロッパは暖冬で雪がないなど)
 面白いことに今の地球温暖化の原因が違うのでないかと、ソラの情報とは全く違う意見ですが異論を唱えている人もいます。
http://tanakanews.com/070220warming.htm

 日本近海の熱水噴出は硫黄分が少ないのは、イシカミの原子は火山から硫黄Sが出ることができるからのようです。
 熱水鉱床と微生物 ttp://www.crystalaqua.com/contents/culture/kaihatu/22_1.ht...
熱水噴出現象    http://www.jamstec.go.jp/jamstec-j/PR/0701/0123/index.html#...
「ブルースモーカー」や「ホワイトスモーカー」「ブラックスモーカー」
シリカ(二酸化ケイ素)SiO2、二酸化炭素CO2、メタンCH4,




2007年2月16日(金)
深海の生き物、熱水噴出孔、
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20070216000218

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック