ペルーのチムー王国のチャンチャン遺跡の大きな意味、【内宇宙を占領していたのは、大熊座とプレアデナイの

ペルーのチムー王国のチャンチャン遺跡。 http://www.nhk.or.jp/sekaiisan/card/cardr073.html 砂漠の中にあり泥の日干し煉瓦のようなもので造られた広大な遺跡ですが、【イシジン】が変化したものです。
【内宇宙を占領していたのは、大熊座とプレアデナイの龍神リュウジンでした、
今はすべて消滅しました】
 この時、小さなけれどしっかりとした黒い光があらわれ消える。
内宇宙の大熊座とプレアデナイは改心していなかったようです。
(いぜんから地球の内部には、【内宇宙】があり、【太陽もある】と知らされている)
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050314194201


赤紫のビジョン
【大熊座と一緒になってジャマをしていた星たち、白鳥座、こと座、わし座を消滅した】

「アルマジロは悪者の星が送り込んだ動物です。
背中の甲羅は鎧をあらわしています。
(若者の)イシカミに争いをするために、鎧を教えていることをあらわしています」
(カメに似ているが、甲羅が鎧に似せているのは悪い星が人間に争いを教えていること)
 アルマジロ http://www.kentosh.co.jp/noah/kentosh/Animal_Xenarthra.html

【 注1 】 支配とは、 http://sora.ishikami.jp/jiten/index.php?id=20020506034034

【 注2 】 、【イシジン】とは?
お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20011123220227
2001年11月23日(金) 癌、遮光器土偶2006年1月24日訂正、アラハバキ。
  「これはまだ見ぬ人(イシジン)が作ったもの(原子に集まらせた)です。
大きな目は来る途中に見たインドの仏像を真似したのです。
頭は冠のつもりです。
インドの人はおっぱいを出していたのであらわしました。

お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20050818143205
2005年8月18日(木) 地球の未来、アウシュビツ、閉じた口の石、追記。
  石の棒や鎌などは、全てイシカミが軟らかかった時に、イシジンが使用していろいろな石器を作ったようです。 これまでは人間が使ったと思っていましたが、人間並みの体格のイシジンが使用したという事で、石器の謎は解けます。
 【追記】

お知らせ : http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060814120415
2006年8月14日(月)  天手長男、兵馬俑の追記、ミステリーストーンの模様、穀物模様、
             ブッシュの陰謀?台風、オオシコ、吉見の百穴など
  4本の指のようなのは、(なかなかわからなかったが、イシジンに与えられた) おモチ (のようなものを) を食べるだけの人間は、動物と同じと (悪い星は) 教えたのです。
(4は四足動物をあらわします)
  ウサギとヘビの模様は、ウサギは月をあらわし、ヘビは支配星 (の部下が月を占領していたこと) をあらわしています。



でどこは、
2007年3月10日(土)
チャンチャン遺跡の意味=地球の成り立ちをあらわす、内宇宙、大熊座と白鳥座の仲間の消滅、アルマジロ、  http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20070310153402

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック