天皇の戦争責任について やはり天皇には戦争責任はあったが、英国王室、米国イルミナチなどのいわばリュ

天皇の戦争責任について やはり天皇には戦争責任はあったが、英国王室、米国イルミナチなどのいわばリュウジン系統の同属の誼(よしみ)で、一命をとりとめた、極東軍事裁判はいわば出来レースであった。詳しくは以下の本文を参照してください。
・・・ 
* キーナン=東京裁判の首席検事
・・・・「実は私は日本に赴任する直前に、トルーマン大統領からきわめて重要な指令を受けてきている。そのことはマッカーサー司令官も了解ずみで、東京裁判での一番大きな任務なのだ。
 それは、こんどの裁判を通して日本の天皇に戦争の責任がなかったという結論をうち出すことである。
 また二、三の国から法廷に於ける天皇の証言を求めるような要求があっても、天皇が出廷されることのないようにこれを阻止すること、これが私のつとめなのだ」と田中に語った。
・・・・

出展 : 天皇の戦争責任について
  http://sora.ishikami.jp/letter/index.php?id=20060730135843

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック