こうして先進国も新興国も資源輸入国も資源生産国も成長が続きます。・・・【「就職氷河期」

◎ こうして、先進国も新興国も、資源輸入国も資源生産国も成長が続きます。いつ、世界経済のこんなハイスピードの成長が終わるのでしょうか。
 しばらくは続く、と見るしかありません。なぜなら、中国発のグローバリゼーションに参加する世界中の企業にとっては、【儲かる仕組み化が続いているから】です。
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20071024/138436/?P=4

●ただし、格差拡大の兆候が全くないわけではない。20代から30代前半の若い層では、【「就職氷河期」に正規雇用に就けず、フリーターなどになった人の増加で】所得格差拡大の微妙な兆候はある。しかし景気回復が続いて再び正規雇用採用が増えているので、この兆候がトレンドになるとは断定できない。
所得格差拡大論の誤謬
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20071024/138426/
・ ・・
・ 日本が一層高付加価値部門にシフトすることが政策目標

―これは未来の人間と病気の闘いにおける「人類生き残りの道」を、遺伝子組換え食品が1つ1つ潰している事を意味する。遺伝子組換えは人類の生き残りに対する犯罪である。
http://alternativereport1.seesaa.net/article/62131919.html
(気がめいる
  オルタナティブ通信 人類を絶滅させる遺伝子組換え技術 より)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック