イスラエル在住のラビたち(+EUと米国を動かしているのが、イスラエル、ランベール(地下経済)とデル・

イスラエル在住の【ラビ】たち(+EUと米国を動かしているのが、【イスラエル、【ランベール(地下経済)と【デル・バンコのオフショア(無税地帯)である)。
○集中する世界の危機
・・・日本人は、自分たちがやっている給油の本質的な意味も考えずに、給油継続の可否で大騒ぎしている。こんな状況になるのは、日本政府にとってアフガニスタンのことなど実は些末で、唯一絶対の関心が「アメリカに従属し続けられるかどうか」だからだろう
http://tanakanews.com/071127crises.htm
⇒ これらも全て以下の勢力のコントロール下にあるのだろうか?

● でもイスラエル在住のラビたち(+EUと米国を動かしているのが、イスラエル、ランベール(地下経済)とデル・バンコのオフショア(無税地帯)である)が考えている方向を読めば大よその成り行きは、分かるのだろうが、
エノク書の筋書き(は、希望から全然はずれていて)全然ダメのツブシ(消去)の対象でしか
ない。 これは完全に切り刻んで硬化剤で固めて大地とした。 ・・・ で処分するミチ
しかない。

・・内容的には天界や地獄、最後の審判、ノアの大洪水についての予言について。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%8E%E3%82%AF%E6%9B%B8
エノクの黙示録 
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/tiakio/urchristentum/ap_enoch.html
秘められた「エノク書」(これはどうしょうもない悪書、悪魔の書?)
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Soseki/8769/kagaku/enokusho.htm
四大天使以外の大天使 -ファンタジー-みつけたきせき-
http://highlord.littlestar.jp/fantasy/dms_ang3.html

***********************************
・・・
現大統領ブッシュは、かつては酒びたりのアル中患者だった。我が子の醜態に苦悶する父ブッシュは、キリスト教原理主義の牧師パット・ロバートソンに泣き付いた。
 ロバートソンの説得とロバートソンの指示で24時間同居し、身心共に現大統領ブッシュの「ケア」を行った次期大統領候補コンドリーザ・ライスの努力で子ブッシュは立ち直った。(ライスは現大統領ブッシュの2人目の「妻」である。)
( “EUと米国を動かしているのがデル・バンコである”より)
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/37c70d5fb3b3fd18cd5ea233d8dfa458

・・・ ナチス、ヒトラーのゲルマン主義、異民族虐殺はここから来ている。
 異民族排除はシュメール版聖書の示す通り、自分達を半神半人と考え、
 神の血の成分を薄めないために行われる。
 神が宇宙から採取に来るとシュメール聖書に記載されている貴金属の収集への執着
 =金銭欲=銀行業を生業とする習性もここから来ている。
 デル・バンコ一族もこの部族(【注】)だった。
 この部族の特徴は、トロイあるいは聖書の中のエレサレム等、伝説や書物の中で
 聞かされてきた国家(都市国家)を再び現実世界の中で築こうとする所にある。
  (イスラエル建国とモルモン教)
・・・ スキタイはエノク書の指示通りエルサレム再建に成功した。続く事業はイスラエルを世界  を支配する世界帝国に育成する事である。要は世界を動かすマネーの支配である。
・・・ デュポンが火薬生産を止めれば世界中の戦争が止まる。だがデル・バンコは
  火薬の大量生産を続ける。イスラエル以外の全人類を全滅させる事が「神が再臨」する
  条件だとエノク書が教えているからだ。
   そしてランベールの経営する新聞エレサレム・ポストは「有色人種を絶滅させよ」と叫び
  続けている。 ランベールは世界最大のメディア企業AOLタイム・ワーナー、CNNTVを経営  し「戦闘シーンをカッコ良く」放送している。
・・・
   
  【注】 悪いシリウス系統かそれともほかの?
     戦争・暗殺・海賊行為・容赦なき貿易・金融詐欺で猛威を振るってきた
     フェニキア―ヴェネチア人
   ・ヴェニス―スイス―ロンドンと欧州に寄生繁殖した「黒い貴族」もレプティリアンの血
    を受け継ぐ存在だった
   ・ウィンザー家をはじめ英国王室貴族、銀行ウォーバーグ家、フィアットのアニェッリ家、
    メディチ家の正体は黒い貴族だった
                      (大いなる秘密 上・下巻 より)

(小休止)
「極東ブログ」での、半分はバナール紹介本である『嘘だらけのヨーロッパ製世界史』の書評にコメントし、アマゾンでは2 ...  http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20070523

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック