【霊友会のあくエネルギー体】、【石原慎太郎のあくイシキ】、【霊波の光のあくエネルギー】

【霊友会の悪エネルギー体】、【石原慎太郎の悪イシキ】、【霊波の光の悪エネルギー体】
【大本教の神殿の【リュージン】を【切り刻んで硬化剤で固めて大地とした】
  ・・・ところが、である。渡部悌治氏はつづける。
「(核爆弾の理論的完成をみていたものを)それを、当時理研にいた
研究補助員の【湯川秀樹が【米国に【売り渡したのである。 米国は終戦後、
湯川の功績を論功行賞として【ノーベル賞を【授与させている。日本の 利益にはならず、
米国のためになったことで褒美がもらえたのだ。」

 これが、【湯川秀樹が【ノーベル賞をもらえた真相である。 まさに【国賊】である。

 ・・・ 少なくとも湯川秀樹が核の情報をアメリカ=ユダヤに売らなければ、
 広島・長崎の悲劇は避けられただろう(いずれ原爆は完成しただろうが)し、
 原爆完成の見込みがなければ講和ももっと早く締結され、多くの日本人が
 死なずに済んだはずである。
  それがわかっているから湯川秀樹は、後年、反戦、反核運動をやって
 (といっても声明を出すだけだが)、良心の呵責に耐えたのであろう。

 http://news21.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1182349478/29-51

(渡辺悌治氏は『ユダヤは日本に何をしたか』(成甲書房))

 [AML 2923] 日本の原爆開発
http://list.jca.apc.org/public/aml/2005-August/002818.html

【 関連情報 】
・2007年11月19日(月)霊友会、石原慎太郎、昭和皇后、大本教への寄付、湯川秀樹原爆を造っていた、バレンケ遺跡、地震雲
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20071119202655

・2007年11月20日(火)マルクするはだめ、湯川秀樹、ロス・チャイルド、アインシュタイン、アブ・ラ・ハム、創価学会と霊友会と霊波乃光=三大悪の仲間
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20071120212830

○“郵便”で、オルタを検索すると。 以下が出る。
http://alternativereport1.seesaa.net/pages/user/search/?keyword=%97X%95%D6

・ 郵便局=北朝鮮
 ―・・・燃料としては、世界最大規模の埋蔵量を誇る北朝鮮のウランが使用される。
 米国の北朝鮮「融和策」の意味がここで明らかとなる。・・・
それにしても小泉、森など+飯島+竹中は、終身刑がふさわしい。
・ロックフェラーの日本の財務省乗っ取り計画

・ユーロ通貨の闇

・ブッシュ一族の対日金融乗っ取り政策
 ― 金融支配が着実に進んでいる(どうなってんのこの日本は?)

・年金問題
 ―食料の確保が最優先、自給率向上を急げ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック