『 ロスチャイルドを奴隷として扱う一族  ロスチャイルド等(そのボスも含めて)の撲滅運動は緊急の課題

ロスチャイルド等(そのボスも含めて)の撲滅運動は緊急の課題
【流通している貨幣を利用しない経済の運営(仮想空間貨幣で電子決済、地域の中小企業連合体による生活維持など)で普通に暮らしていくには(彼らが首根っこを押さえている、)【流通貨幣はほとんど不要に出来るのでは?

● 『 ロスチャイルドを奴隷として扱う一族  』 ( ロスチャイルドへの初期の頃からの大口資金提供者、
 したがって中枢の金融資本主義の銀行を押さえているよう?) より引用
   ( http://alternativereport1.seesaa.net/archives/200809-1.html )
 ・・・
  スイスに潜む アクのシェルバーン一族 =ロスチャイルドと、その米国支部ロックフェラー。
この”「下っ端」現場要員=ロスチャイルド”のボスの1人が、このシェルバーンである。  
・・・   ロスチャイルドを神格化し、恐れおののく無知は、ロスチャイルドが世界のトップであるとカン違いする所から、来る。   ・・・
⇒ でもそれらのアクの複合体にやられている事(我々の稼ぎのかなり?の部分がピンハンねされていることに気づいている人は少ない。)には変わりなし? 
 ・・・
  マネーではなく例のさつじん会社を保有しているものが最後にものを言う。 マーク立地とか。
絶滅させるにはどうすればよいのか。 
この3次元世界では徐々に(彼らの制御下にある)【流通の貨幣の使用を減少させ、
顕在意識・肉体の世界ではなく
【魂(生き抜く力)、
【霊(潜在イシキ)を
弱体化または、抹消するが一番有効かな?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
● 「 これがロスチャイルド世界帝国への、「王手」である。 」
http://alternativereport1.seesaa.net/article/105316631.html
    ・・・
、(A)FEMAと(B)自衛隊の米軍座間キャンプにある「調別」は 日米が連携し、災害
あるいは人為的なテロに際して、政府に代わって軍隊が「政権を奪取」する、クーデター部隊  ・・・
⇒ こんなもの不要そのもので、こんなものを作らせた米国は着々?とダメだね、個人の銃などで
徹底対抗の道が米国にはあるが日本は?  ・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
● 「 ロスチャイルド解体の権限を持つ日本? 」
・・・   ロスチャイルドの大きな収入源である原子力発電=核兵器製造を、
日本が根本から破壊できる事、 また中国の産業基盤に対する生殺与奪権限を、
日本が所持している事を意味している。
http://alternativereport1.seesaa.net/article/104962381.html
⇒ 無線による停止・破壊機能の組み込みは必須といえるのでは?
  あるいは、一定期間毎に無線による停止・破壊機能が作動する機構の組み込み、
  平穏なら 同じく無線で解除するとか。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●  国民・市民全員に職を与え、飯を食わせる事にある、中小企業の「連合体によって実現?
 「 ロスチャイルド包囲網形成のために 」
http://alternativereport1.seesaa.net/article/105254496.html
  ・・・  
  多国籍企業に対抗しながら、こうした中小企業の「連合体によって」、国と地域の経済を維持し、雇用を作り出  し、「はたして、やっていけるのであろうか?」
  このように考えた時、世界にはロックフェラー、ロスチャイルドのような多国籍企業群を「生み出すことに失敗し」、 中小企業の連合体だけで長年、国家、地域経済を維持せざるを得なかった場所が多数ある。
  そうした地域、国の中には、今後も、多国籍企業を生み出すのではなく、既にある中小企業の連合体で、いかに ロックフェラー、ロスチャイルド等の多国籍企業に対抗し、物資を生産し、雇用を作るか、「中小企業戦略を
  練り上 げ」始めている人々が居る。
 その目的は「世界の経済大国になることではなく、国民・市民全員に職を与え、飯を食わせる事にある」。


=============================================
(以下は、全文引用)

2008年09月01日  「 ロスチャイルドを奴隷として扱う一族  」

警察の国際組織であり、国際的な犯罪を摘発する、国際刑事警察機構=インターポールICPOは、元々、ナチス・ドイツの国際スパイ組織を原型とし、それがロックフェラーの資金によって、第二次世界大戦後、インターポールに改造された。
 インターポールの創立時、資金提供者ロックフェラーに現場を任せず、自から陣頭指揮を取ったサー・ウィリアム・ペティは、スイスの金融業界を支配するシェルバーン伯爵一族の人間であり、世界中の富豪が資産を預けるスイスの金融界の、中核の1つである、スイスユニオン銀行の経営一族でもある。
 シェルバーン一族は、この銀行の頭取ロベルト・ホルツバッハを使い、ロックフェラーのリーマン・ブラザースと、ロスチャイルドの銀行ラザール・フレールに、資金を「貸し付けて」来た。

 ロスチャイルドと、その米国支部ロックフェラー。この「下っ端」現場要員=ロスチャイルドのボスの1人が、このシェルバーンである。

ロックフェラー、ロスチャイルドが、企業を次々に乗っ取り、大帝国を作り上げてきた、その資金が、どこから来るのか?「天から降ってくるのか?」
ロスチャイルドを神格化し、恐れおののく無知は、ロスチャイルドが世界のトップであるとカン違いする所から、来る。
 世界中の大富豪の資金が集まるスイス、そこから投資先を求め、資金がロスチャイルド、ロックフェラーへと、「天下り」して来る。
ボスのボスは、ここに居る。
**********************************
「 ロスチャイルド包囲網形成のために   」

書籍紹介 : 岡本義行 「イタリアの中小企業戦略」 三田出版会

 ロックフェラー、ロスチャイルド等の多国籍企業に支配されずに、市民が生活に必要な物資を自分達で生産しようと考えた時、市民が経営する事業形態は、自ずと中小企業になる。
 多国籍企業に対抗しながら、こうした中小企業の「連合体によって」、国と地域の経済を維持し、雇用を作り出し、「はたして、やっていけるのであろうか?」

このように考えた時、世界にはロックフェラー、ロスチャイルドのような多国籍企業群を「生み出すことに失敗し」、中小企業の連合体だけで長年、国家、地域経済を維持せざるを得なかった場所が多数ある。
 そうした地域、国の中には、今後も、多国籍企業を生み出すのではなく、既にある中小企業の連合体で、いかにロックフェラー、ロスチャイルド等の多国籍企業に対抗し、物資を生産し、雇用を作るか、「中小企業戦略を練り上げ」始めている人々が居る。
 その目的は「世界の経済大国になることではなく、国民・市民全員に職を与え、飯を食わせる事にある」。
 イタリアは貧困層も多く、失業率も高い。こうした国の中で、もはや多国籍企業に望みをかけず、中小企業の連合体で貧困を無くし、国民皆雇用を目指そうとする人間達が出て来ている。国家、官僚、既成政党、既存企業は、この問題に関して全く無知無能であるが、日本のように、「GDPで世界10数位に落ちたので、再びガンバッテ世界1位に返り咲こう」等と、根本的に間違った考え方をするよりは、解決の道が近いであろう。
 なお、イタリアだけではなく、こうした中小企業の連合体によって、日本全体の雇用と経済成長を実現しようと長年研究して来た、清成忠男等の全著作も、この書物の日本版として必読である。

*・・・自治体学会編「自治体学研究」のバックナンバー全巻には、多国籍企業群に対抗した地域経済自律のための代替政策(オルタナティヴ)研究論文が2000本余り蓄積されている。筆者は、その全てを読んでいるが、碩学の有志には一読を、お勧めする。イルミナティ陰謀論を何百冊、読んだ所で、ロスチャイルド解体のための戦略・政策代案(オルタナティヴ)など、1行も出て来ない。イルミナティ陰謀論で「飯を食う、商売人」にとっては、イルミナティ?、ロスチャイルドに居なくなられては「商売のネタ」が無くなるので、ロスチャイルド解体のための戦略・政策代案(オルタナティヴ)など、書く訳には「いかない」のである。イルミナティ?、ロスチャイルドの「存続を最も熱心に祈願しているのは」、イルミナティ?、ロスチャイルドの陰謀批判を「商売」にしている陰謀論者である。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • フェラガモ バッグ

    Excerpt: 『 ロスチャイルドを奴隷として扱う一族  ロスチャイルド等(そのボスも含めて)の撲滅運動は緊急の課題 ssorasouraisikamiシリウーニッポン/ウェブリブログ Weblog: フェラガモ バッグ racked: 2013-07-03 07:52