13兆円事件背後にある銀行家と王族達の暗闘 ホロコーストを否定する司祭、法王、ナチス組織所属容認

「 ホロコーストを否定する司祭、法王、ナチス組織所属を認める!! 」

わかりにくい話であるが、 単純明快に解説すると...... こうなる。
ホロコーストはなかった!!
ローマ法王ベネディクト16世はナチス組織に従属いていた!!
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2009/06/post_9f72.html
⇒ 
次の法王が選手されて後にバチカンは滅亡するらしい?

ホロコーストはつくりものなのは前に聞いていた。 欧米人はとにかく策略が好きだね
真珠湾攻撃も内通者山本が強力に推進し戦後も生きていたとか。 日本の近代史は売
国者のオンパレード? これでは負けるに決まっていた。 昭和天麩羅は軍事権握って
何をしたの? 金塊泥棒、自分の首と引き換えに原爆投下容認、財産は終戦前にスイ
スに隠匿⇒ ニッポン国民に返還すべき代物なのでは?
天皇制度は人間が平等であることを否定する象徴。 田布施出の大村寅之助は何故に
明治天皇に変身したのか、東条はそのことを知らなかったようですね。 明治の元勲は
皆知っていたとさ!

********************************************************************
・・・   敵対勢力である欧州貴族たちのスパイに押えられた、とみることができるのではないだろうか?   
そして、このデビッドロックフェラー(94歳)=ブッシュ=CIA潰しは、

FRB=ロスチャイルドに対する「次はお前だぞ」という最終通告に他ならないのではないだろうか。

「 邦人が運んだ米国債13兆円事件2~背後にある「銀行家」と「王族たち」の裏会計を巡る暗闘 」
以下に全文掲載。

以下はベンジャミンフルフォードブログの2月、4月の記事だが、
邦人が運んだ米国債13兆円事件を解く鍵を握っているのではないか?

リンク

02/24/2009 タイトル「世界の「金」のエリートと「紙」のエリートとの対立」

>国際金融資本家達の間で、大きな決裂がかなり昔から存在している。紙幣を印刷するだけで「富」を作る権利を得ていた人達と、金の現物を大量に持っている人達との間で対立があった。ロスチャイルドなどは紙を印刷するだけで世界の「富」の多くを持つことが出来た。大量の金の現物を持っている人達(例えばタイの王室)の一部はその金を売ることを禁止されていた。なぜならその国際資本貴族以外の人達がその金を国際金融システムに入れると、国際権力構造が変わるからだ。Black Goldもしくは闇金がそのために発生した。その闇金は大量に存在するにも関わらず、指定された精錬所の印鑑がなければ使えない。その闇金を表の金に変えるために様々な方法(たとえば偽鉱山会社を作ったり)が用いられたが、相変わらず大量の金の現物は眠っている。

リンク

04/17/2009 タイトル「裏金融の謎解きと現状」

>金融経済ジャーナリストを25年経験し、ようやく気付いたことがある。世界には「表の帳簿」と「裏の帳簿」が存在する。「裏の帳簿」は王族やかなりの富裕層用であり、「表の帳簿」とは桁が違う。その「裏の帳簿」のトラブルが今回の世界経済危機の大元なのである。

>以前も触れたように王族は一般人を支配するため、お金を「配る」かお札を「刷る」ことをしている。一般人とは違い、王族がこの王族同士の問題解決をするためには特別な裁判所が存在する。今回の危機の裏にあるのは、ドルを「刷る」権利についての権力争い。パパブッシュ一派がイギリス王室、サウジ王室、日本国民、アメリカ国民などから多くのお金を盗んだ。そこで去年の秋、中国とロシアがアメリカに対し「お金を返済しないと核戦争を起こす」と言った。このような経緯があり、去年の9月11日にアメリカは新しくドルを「刷る」権利をなくした。その後世界の金融の覇権を巡り睨み合いが続いている。

私たちはこれまで、ロックフェラーVSロスチャイルドといった金貸し同士の対立の構図として現在の危機を見てきた。しかし彼ら金貸し=銀行家が成長してきたのは世界の資産家たちの金庫番としてであった。つまり、金貸しの奥には金貸しに「金」を貸す出資家としての「王族たち」がいるのだ。勿論、金貸しが利益を出している間は、出資家たちは文句は言わない。しかし、ここに来て、出資家である「王族たち」と彼らの金庫番「銀行家」の間に対立が起きてきたという訳だ。

しかも、そのような「王族たち」の会計は、国家会計とは別会計となっているらしい。しかし、表の会計がうまくいかなくなると裏会計にも影響が出る。デビッドロックフェラー-ブッシュ一派は戦争経済そしてサブプライムバブルで利益をもくろんだがうまくいかなかった可能性は大きいし、彼らに運用を委託している「王族たち」が大きな損失を受けた可能性は大きい。

そうなると、米国債やドルを売買する動きも活性化する。今やデビッド=ブッシュ=CIAの最後の砦は日本。ところが、頼みの綱の日本すら、民主党政権への政権交替が現実味を帯び始めており、ヤバくなっている。そこで工作資金を動かしたところを、敵対勢力である欧州貴族たちのスパイに押えられた、とみることができるのではないだろうか?

そして、このデビッド=ブッシュ=CIA潰しは、FRB=ロスチャイルドに対する「次はお前だぞ」という最終通告に他ならないのではないだろうか。

「  邦人が運んだ米国債13兆円事件1~CIA―自民党-財務省は
闇資金の秘匿に失敗したのでは?  」
以下に全文掲載。

この「邦人」だが「日本の財務省の職員」であるとする説(高城剛説)、「元財務次官武藤敏郎の義弟=山内恒夫」説(山路信義氏)、「ブッシュ・小泉一派の手先」説(ベンジャミンフルフォード氏)等、諸説紛々という状態である。

現在のイタリア警察の正式報道は「神奈川県と福岡県に住む60代と50代の男」ということになっており、「ヤマグチ、ワタナベ」といった名前も明らかになりつつある。
リンク

しかし、ブログ・ターナーラジオネットワーク(白人至上主義のグループとされる)は、犯人が財務省職員であること、本物の超高額のドル札であることを明言している。
リンク

「ちょうどイタリアでG8が実施されている中で起こった」事件であること、そして異常なまでの報道管制から、本件は財務省筋の裏金とみて間違いないと思う。他方、CIA=ブッシュの出自がイタリアンマフィアである 163000 ことから考えれば、相手方はCIA-ブッシュ一派ではないだろうか。そして今回の一件に武藤敏郎氏が関係しているとすればデビッドロックフェラー一派も関与しているとみるべきだろう。

財務省はこれまで、CIA-自民党の間で運用されてきた闇資金の窓口係をやってきた。従って、今回の一件は、下記ブログも指摘しているように、闇資金隠しだと考えられるのではないだろうか。

リンク 

>自民党の闇資金の噂は、岸信介・児玉誉士夫らが中国・朝鮮王朝から強奪した金塊が元になっている。現在は米国債にもなっている。いわゆるM資金も含まれる。1950年代の米国債が発見されていることから、おそらく、そうした性格の資金だろう。民主党に政権が移動する前に証拠隠滅を企てたのだろう。

具体的には郵政民営化に伴う自民党へのキックバックであり、今後の選挙戦のマスコミ対策資金と考えるのがもっとも理解しやすい。

しかも、この事件の後、与謝野財務大臣は「米国債への信認は揺るがない」とアメリカへの忠誠を誓わされるような発言をしたかと思えば、「迂回献金問題」で追い込まれつつある。そうなると、この財務省の動きをつかんだ敵対勢力がイタリア警察と手を組んで、陥れた、ということも考えられる。

実際、これが本物の米国債なら、イタリア本国は大儲け、鑑定を行ったSEC(アメリカ証券取引委員会)≒FRBにもキックバックが入るだろう。他方で、本物であってもやましい金である以上、CIA-自民党-財務省連合は騒ぎ立てるわけにも行かず、大きな損失を被ることになる。(泣き寝入りするしかない)

そういえば、中川昭一氏酩酊事件もイタリアG7においてであった。この一件は、財務省筋が、アメリカの意にそわない中川昭一氏を失脚させたと言われている。そうすると、今回の一件は、その敵対勢力による反撃といえなくもない。

では「ロックフェラー-ブッシュ-CIA」と敵対しSECやイタリア国家そしてバチカンにも影響力を持ち、「ロックフェラー-ブッシュ-CIA」を陥れるだけの力を持つ勢力とは何だろうか?

**********************************************************************
((   元ネタは???   ↓↓↓

「・・・   例えばエリザベス女王は600万ヘクタールの不動産(カナダの領土の多くなど)を所有している。やはり20坪の土地を所有する一般人とは桁が全然違うのだ。
このように大きな資産を所有する家族や王族は世界に複数存在する。昔から世界の多くの国は王族によって支配された。その王族側同士の金融システムと、一般人の金融システムは別である。一般人のみが世界銀行やIMF、各国の財務省が発表する数字の中で泳いでいる。しかし最近の金融危機によって、一般人にカラクリの一部が見えてしまった。例えば金融派生商品の1500兆ドル分が世界の55兆ドルのGDPをはるかに超えていることは一般人の常識に反する。これをきっかけに世界の多くの人々が金融のカラクリを勉強し始めた。そして王族は一般人にカラクリを解かれる事を大変恐れている。
・・・   おそらく去年の秋に中国はアメリカから返済してもらうべきお金を返済してもらったが、ブッシュはそれを支払うためにアメリカの別の派閥からお金を盗んだのだ。その派閥は現在怒り狂っている。イギリス王室もまた怒っているらしい。中国がお金を返済してもらうべきであったのは当然だが、米連銀の連中はそれをアメリカの真面目に働いている勢力から盗むべきではなかった。
この問題はまだ尾を引きそうである。   ・・・       」
(   BenjaminFulford  裏金融の謎解きと現状
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2009/04/%E8%A3%8F%E9%87%91%E8%9E%8D%E3%81%AE%E8%AC%8E%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%81%A8%E7%8F%BE%E7%8A%B6.html   )
))

((  世界の「金」のエリートと「紙」のエリートとの対立
「  昔から「今まで人類が見つけた金の全てはオリンピックの水泳場に入るくらいの量だ」と言われたが、私が聞いた天文学的な数字が正しければそれは全くの嘘だ。そんなに少なくはない。闇金を持っている人達は金本位制の呼びかけをしているが、私は複数の現物(たとえば穀物)の指数を新しい金融システムの基本にするべきだと思う。勿論その指数の中に金を含む貴金属が重要な役割を果たすだろう。    」
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2009/02/%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%AE%E9%87%91%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%A8%E7%B4%99%E3%81%AE%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E5%AF%BE%E7%AB%8B.html
))



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 高城剛 ブログ

    Excerpt: 沢尻エリカと高城剛ってどれくらいで別れますかね??沢尻エリカと高城剛ってどれくらいで別れますかね??沢尻エリカと高城剛っていう人が結婚したみたいなんですけど、どれくらいで終わるかな????[⇒回答を読.. Weblog: 世の中の政治堕落を斬る!ニュース早読み racked: 2009-07-23 09:02
  • エアマックス 95

    Excerpt: 13兆円事件背後にある銀行家と王族達の暗闘 ホロコーストを否定する司祭、法王、ナチス組織所属容認 ssorasouraisikamiシリウーニッポン/ウェブリブログ Weblog: エアマックス 95 racked: 2013-07-10 05:52