台風21号、胆振地方地震、木星、アラファトとシャロン、蘇我馬子と聖徳太子、木曽義仲、捕鳥部萬

9/10 今日の謎解き

<2018年9月10日のお知らせ>

2018年9月10日(月)
台風21号、胆振地方地震、木星、アラファトとシャロン、蘇我馬子と聖徳太子、木曽義仲、捕鳥部萬

9月4日台風21号の通過、その後北海道では大きな地震があり、被害を受けられた方にはお見舞い申します。
この二つのことにもソラからはいろいろと知ららされています。
ソラ画像

安平山 2005年6月

1)安平山がアラファトと関係があると言葉になってびっくりして、2005年、と2006年に訪れました。
(ソラの検索で出てきます)
今度の胆振地震で安平町も被害があったそうで、お見舞いもうします。
一昨日なぜかここが浮かんでいましたが、見捨てられたパレスチナでなんとも言えない気持ちでした。
*)助けたくないなら土地を返せ、米支援中止で不安募るパレスチナ難民
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180906-00000024-jij_afp-int
*)トランプ政権のエルサレムへの大使館移転、パレスチナ難民支援停止など
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/09/post-10887.php
2)スキー場でこの時期誰もいなく、早ければコゴミ、中央の木立の中に大きな山椒の木がありました。
3)ソラへアトたちが報告

画像
画像


舞鶴引き揚げ記念館と台風21号の進路

5月に行ったのですが、特に満州からや、特にシベリアからの引揚者の悲劇を詳しく伝えていました。
この日の雲も舞鶴高速、舞鶴市と共にとても変化がありました。
https://sora.ishikami.jp/image_earth/index.php?id=20180522225959

【追記9月6日】
その後台風21号は日本列島を突き破った後、日本海を北上し、珍しくシベリアに向かう進路をとりました。台風が思いを持って進んでいることを知らせたそうです。

画像
画像


< 気象庁 台風経路図 平成30年(2018年)より

ちなみに台風21号は、イシカミ巡りをしたところを進んで行ったようです。
*)淡路島、岩上神社。
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20161225212620
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20161225164118
*)神戸市 五色塚古墳
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20180909152302
*)石の宝殿、生石神社
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20161225201610
*)篠山市、雲部車塚古墳
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20080810110912
*)綾部市 私市古墳頂上部。
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20180524195638
*)オオシアマノサトの舞鶴湾、
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20180904173555
*)奥尻島の鍋釣り岩
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20030518205704
*)最後に珍しく日本海でも衰えることなくシベリアに向かおうとしたようでした。

画像
画像



9月3日目が覚めて
「プレアに支配された者に従わされたのです。
沢山のイシジンたちがプレアに支配されたのです。そして農業をするモノたちは虐げられたのです。
イシジンは動かないと固まりますが、農業をして体を動かすことで、イシジンでも固まることがなかったのです。
けれどもプレアが支配するようになり、争いを楽しむようになったのです。
そして武士があらわれてきて、次第に争いの世の中になっていったのです。
物部を滅ぼしたのは、聖徳太子と言われた者です。
聖徳太子が厩戸皇子と呼ばれたのは、蘇我馬子の厩の番人だったからです。
なぜ物部を滅ぼすことができたかというと、プレアが力を与えたからです。
蘇我の馬子はいて座のモノの馬イシジンで、姿を変えることができました。
厩の番人だった太子が、主人の馬子を亡き者にしたのです。
そして太子が馬子に成り代わり、物部を滅ぼしたのです。
そして聖徳太子と名乗り、身分制度を創り、厳しい年貢を取り立てて自分たちは楽に暮らすことにしたのです。
そして自分に都合の良い話を伝えさせ、仏教で支配し、イシカミを完全に封印していったのです」

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。
https://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20180910133736

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック