ついてくる虹、砂漠の噴水、入母屋の柱と梁、黒い輪、地震雲、ソラ画像、木星の悪

2019年3月15日(金)

ついてくる虹、砂漠の噴水、入母屋の柱と梁、黒い輪、地震雲、ソラ画像、木星の悪


#)3月14日は天気予報が外れ多様に、朝は雪がちらつき、小雨や霧、あられなど降りましたが、一番驚いたことは、虹が8分も高速で走る車についてきたことでした。
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20190314204...
#)オアシス誕生の瞬間。砂漠から突如吹き上がった大量の水。これまでから同じようなことが何度かあり、昔の絵にもその様子が書かれています。又、砂漠に雪が降り、一面が花畑になっていると知らされています。ソラからの情報では、地球の内部には、地上から濾過された水により、大きな湖や川があり、その水が地上で湧水となって循環していると繰り返し伝えられています。けれども今の科学では、湧水は遠くの山の雪解け水と説明されていることに対してのお知らせのようです。雪のない期間は長いのに、湧水は一年中変わらぬ水の量が流れています。イタリアの噴水やイランなどの砂漠地帯のカヌートなど、地下水路も一年中豊富な水がながれているのも、地球の地下はマグマでなく、水が豊富にあるということです。http://karapaia.com/archives/52271447.html
#)2019年3月1日寝る前に極かすかに思わぬ言葉になって行きました。入母屋は太い大国(黒)柱と梁でできていますが。それがどうしてできたかということを全く思いもしない言葉が出てきました。https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20190307005...
そのことを知らせるためにマングローブの林の中のクジラが、スティック(性器)がわかるようにして亡くなって知らせたということでした。https://www.instagram.com/p/BuPVO3uhZuI/
https://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20190315023550

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック