第10惑星,鳥イシジン、モノノベ、コロナ肺炎、マサド、蘇我の入鹿、異常巻アンモナイト

2020年3月26日(木)

第10惑星,鳥イシジン、モノノベ、コロナ肺炎、マサド、蘇我の入鹿、異常巻アンモナイト





3月16日昼間に突然、短時間ですが暴風雪となったのは、三田地方だけ?
二つの解釈があるようですが、プライベートな事もあり書けませんが、第10惑星が関係していたようで、その後、いろいろな形で第10惑星のことを知らせてきて、つながっていたと思いました。
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20200325214...
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20200322195...

2020年3月8日夜中に目が覚めて
「どうして高い山の上に住んでいたか?
それは鳥イシジンだったからです。
そしてなぜ物部は山を下りて麓に住むようになったか?
それは家を創りたかったからです。
それで入母屋(の原型?)を創りました。
それが並べるように仲間の家も作りました」
以前に入母屋の原型をビジョンで知らせてきました。
先日から知らせてきているモノノベの山城が、実家の裏山にあったということと、
実家の周りにだけ、かっては狭い谷に9軒もの家が建っていたのがなぜか不思議でしたが、
その谷を登って行ったところに山城があったのを、夢でも知らせてきていました。
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20200224213...

2月26日寝る前に
「東から家に閉じこもるようになります。
コロナ肺炎のためです。
そして光るモノを見ることになります?
光るものは、イニシエにも見たモノです?
なくなったものを燃やすためです?」
その他文字がダブってわからない。

3月7日高羽山に登った夜
「はるか昔に降りたモノです。
マサド(ダ)と呼ばれています。
あらゆることが変わります?
それは良いことです?
学ぶことになります。
高見の仕事をしていました。
新しく生まれ変わったのです?」
*)マサダ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B5%E3%83%80

《夢》
“星原のお堂の前で数人が集まっているが、背の高い男性が白くて長いモノ(刀?)を持って泣いている”
意味は
「山彦がヤマトに負けて泣いていることを知らせました」

3月9日夜中に見えた
《ビジョン》
“子供が大人?から何か貰っているようで上を向いているが、貰って下を向くと、顔がサルのような顔になり、さらに化け物のような顔になって行く”
意味は
「地球の富をもらうのが当たり前と思い、富の独占をしようとすると、イシキの世界ではそのような顔に変化すること知らせました」
イシキの世界から見ると、王族や富豪などはそのようなイシキの持ち主のようで、ソラは見ているということを知らせたようです。
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20200313072...

3月10日明け方目が覚めて見えたビジョン
《ビジョン》
“着物?を着た母親らしき女性が、同じく着物を着た男の子の兄弟に、赤いイチゴを与えていて、パクパクと食べている。
その後、金の延べ棒のような横向きの長方形で紙?で包んだ金色のモノが4,5個あらわれ消えて、その後金色の網目が見える“
意味は
「女性は物部の妻で、その子供が馬子と入鹿で、入鹿がその後お金に目がくらんで聖徳太子側に寝返ったことを知らせました」
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20200313072...
《ビジョン》
“遺物の楕円の蓋つき容器のようなモノで,中身が貝のような生物がたくさん集まっている”
意味は分かりません。

3月11日明け方
「丘の上にいたモノで、物部の祖と呼ばれるものです。
丘の上に(建物の遺物が)何も残っていなく、(住んでいたということが)証明できなくて
残念でした。
そして比叡山から来た(仏教)モノに支配されていることを、光で知らせました。
そして太陽が山桜を咲かせて待っていました」
白い光は太陽から、周りの光は第10惑星の光のようで、協力してとても早く山桜を咲かせてくれたようです。
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20200307221...
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20200312105...

3月12日朝起き掛けに見た
《ビジョン1》
”細い白線の渦巻きの一部だけ(7時から10時)見え、その後スポットライトのような
電灯?が見える”
その後
《ビジョン2》
“ポテトチップス?の様な丸いモノを食べている女性の頭上から見ている光景”
意味は言葉にはならないですが、
「隠れてしていても”おてんとさんは見ている”」
ということを知らせたようです。

《ビジョン3》
”青い草原で3人?の子供が遊んでいて、タンポポの綿毛をフーと吹いて遊んでいる”
(絵ほど顔ははっきりしていません。笑)
意味はすぐには分からなかったのですが、うたた寝した時
「丸いモノです。
沢山の仕事をしたので、しばらく休みたいと思います。
それで太陽に帰ります?
また、お仕事にやってきます」
丸いモノですと言葉になった時、コロナウイルスが浮かび、お仕事とはバチカンやメッカや教会や宗教の参拝場所などが、コロナウイルスのために閑散としているのがイメージされましたが、現実には全くどうかわかりません。
イシキの世界のことは、早くに知らせてきます。
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20200312202...

3月12日目が覚めて
「泣く泣くヤマトへ連れて行かれたモノです。
山彦の妹でした。
そして神功皇后になったのです」

3月12日寝る前に左目の下の奥にサインあり。
「(ビジョンで知らせたのが)釈迦についた入鹿なのです。
それに対して山の好きなモノが馬子なのです。」
その後、メモの文字がダブってわからないが、あちこちにサインあり。
弓削道鏡は物部氏の仲間ということですが、守屋の子供の(蘇我の)入鹿が中年になってからの名前?

3月14日有馬温泉で真夜中、
《ビジョン》
“薄い黄色で白く光り輝く割と大きな星団で、その中心部にさらに細かい小さな星団の塊があらわれる。
大きな塊は、左側に細長く尾根のように伸びて去っていく“
意味は
「七支刀で知らせたように、尾根から降りて行ったイシカミがいろいろな仕事をしたことを伝えることができたので去って行ったのです」
その後、右耳介にサインあり。
「耳の周りのモノが、よもやということを知らせます。
それは如何に“シマイ=終い”が近づいているかということを知らせているのです」
終いとは、ある星団と関係のあることをいうのかもしれません。
*)まるで「ユニコーン」、頭部に耳のある子犬。
https://www.cnn.co.jp/fringe/35150885.html

「アトたちが長くつながった子供が髪の毛なのです。
そして雨も長く連なって降りてくるので、水星がヘビ使い座の部下になっているのです。
それで髪の毛座がヘビ使い座の部下になるのです」
(髪の毛の異常に長いのは、支配されやすいということです)

3月17日明け方
「モノノベが一つの事を知らせます。
マナ(食べ物)にするには“シラワセ”のモノにすることです。
シラワセとは“4つのアトたちを輪=ロにすることです。
4つのアトたちは、輪になることで同じ目的のモノを創り上げるのです。
その働きがわかりやすいのが”コウジ麹、糀“です」
https://sora.ishikami.jp/image_dir/index.php?id=20200318141...

3月18日夕食時、右手中指の内側にサインがあり、内出血のような色になる。
「打ち止めということを知らせたのです?」
意味は
「大元がいろいろな試練を打ち止めにするということです?」
3月20日朝、右手中指をガスレンジの鉄棒にあたって、保冷剤で冷やしていましたが、淡路島へ向かう道中、保冷剤が溶けてしまって強い痛みが続いていました。
けれども岩上神社へ行くと、その痛みが完全に止まって全く気にならなくなりました。
中指の先端ということは、大元が進む道の最後をあらわしている?

真夜中ビジョン
“鼻の高い男性の顔がぼんやりとして鼻がアップされる。その後金色の網目”
意味は
「道鏡でヘビ使い座の大魔王の総元締めでした」
「春の嵐はムーの女王が氷の女王を追っ払ったのです。これが学びです。」

《夢》
“包丁とぎの痩せた男性が、実家の傍にくる。50円というので頼もうとする。
星原の入口へ歩いて行くと、その男性もついてくるので村人が見ているので離れて、と言っている。
その後、どこかへ出かけていたのか、ようやく食事ができるのが、保育園の食堂❓病院の食堂かで、ようやくお昼が食べられると安心している。“
意味は
「物部の守屋が実家へ来たのは、“金物とぎ”として近づいて来たことを知らせました。
守屋は蘇我氏に婿に入り、それで子供が馬子と入鹿と呼ばれるのです」
以前TVで見た場面で、物部の守屋の肩に乗っている?ホシノベの子供が七支刀を掲げている場面が、ずーと気になっていました。
そしてどうしてホシノベと守屋が一緒なのか?私市丸山古墳に葬られたと伝えられています。

3月25日真夜中目が覚めて
「カネ、カネ・・大正解とカネを鳴らします?
(東京の読者が大きな買い物をされたことのようです)
東京はロック・オフになるからです」
ロック・オフとメモしていましたが、ロックダウンのようで、イシキの世界か?東京が都市封鎖になることを知らせてきました。

3月26日朝
「山から下りた鳥イシジンが、人間となったが(排泄は)鳥と一緒でした。
鳥は腸や腎臓がないので、水様便で排泄します。
それで(シリウスが)考えて腸や腎臓を創ったのです。
その働きをアトたちがしているということです」
ヨーロッパでは早くから水洗トイレの遺跡がありますが、このようなことから早くに創られたようですが、日本はイシジンから人間にヨーロッパより早くになって、農耕に排泄物を上手に利用していたようです。

*)ミニ企画展「異常巻アンモナイト、ノストセラス大集合」兵庫県立人と自然の博物館、三田市にあります。3月末まで休館でした。
先日淡路島の岩上神社の帰りにイザナミ神社へ寄り、ネジが3種落ちていました。https://www.hitohaku.jp/exhibition/planning/nostoceras2020....
この異常巻きのアンモナイトは、ネジそっくりで、ネジは”止める”作用をします。
又Uターンしている形も、今出てくることに意味があるようです。
アンモナイトは北海道が主に出土すると思っていましたが、淡路島にはこのようなのが多いそうです。
正常な巻き方のアンモナイトは、大元をあらわすと伝えられ、異常な巻き方は大元の弟たちが知らせていると伝えられています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント