イケガヤ彗星=クロイツェ群=悪者の彗星、アトランティスのアンドロイド=恨みの思い、成層圏=顕在意識の

イケガヤ彗星=クロイツェ群=悪者の彗星、アトランティスのアンドロイド=恨みの思い、成層圏=顕在意識の意味、
 池谷・関彗星はクロイツ群に属するということですが、【クロイツェ群(クロイツ群ですが、クロイツェ=【黒い杖としか発音できない【悪い思いの塊の【彗星)については2006年に掲示板で読者から知らされていましたが、今朝、詳しく知らせてきました。

「【クロイツェ群は【アトランティスで【生まれた【悪い思い(の塊の【彗星)なのです。
多くの【イシジンが(地球上で)いろいろな【思いをして(分解して)地球の上
(の成層圏)に挙がりました。【イシジンのあらゆる思いをもった【原子が、イシジンの
分解で思いを持って【上に挙がっていったのです。
その【原子の【思いが【意識の塊となって【成層圏を【創りました。  
そしてそこから人間の【顕在意識となって【人間に【降りるようになったのです。
その中に【恨みを持った【悪い思いの【塊が【クロイツェ群となって太陽の後ろに
隠れていたのです」

「今、イシジンの思いを持った人間が目覚めてきています。けれどもアトランティスで、【服従する者だった(【アンドロイド)【イシキは、当時のことを思いだしたくないので、【この情報が【広がるのを【妨害するのです。(【顕在意識が【成層圏から【送られてくるというのは、2005年7月11日のお知らせ、アンドロイドのことについては99年ごろ
アトランティスのことを伝えてきたのを本《星からのメッセージ》に書いている)

【イシカミが【人間の形をして、【最高の思いをしてきた【イシジンだった【イシキ
の持ち主は、【過去世では【働かなくて【すんだので、現実社会で働くのが嫌なのです。
けれども
人間として生まれてきたからには、するべき仕事は辛くてもしなければならないということを学ぶことが大切です。その辛さをがんばって乗り越えることで、イシキの世界では再び良い思いをすることが出来るのです」

「アトランティスでなぜ服従する者(アンドロイド)があらわれたかというと、どのような形ででも地球に降りたいと熱望した星のイシキが降りてきたからです。(思いが現実になるアトランティスを見て)なんとしても【地球に【降りて【現実の【体験をしたいと思う【星たちの【イシキが(いて座やシリウより)遅れて【降りてきたのです。
けれども【後から【降りてきたので、【イシジンに【仕える者となりましたが、働いて
いる間に【恨みの【思いが【あらわれたのです。

遅れて降りてきた星たちは、服従する者でもよいので降りてきたいと、自ら降りてきたのにその思いを忘れたのです。そしてそれらの星のイシキは、服従させられたという恨みの思いを大きな塊として成層圏に残しました。それらの星がその恨みを晴らすために、
今生では【支配者として【肉体を持ったのです。けれども宇宙には、
“【他を【支配しては【ならない”という【法則があります。その法則を破っている者は
自分たちの星に帰らなければなりません。
【その支配者の【星の多くは【ヘビの星と【その仲間です。【その星に【帰りたくない人は、【地球がなぜ【創られたかという【原点に帰らなければなりません」
昨日、吉村作冶のエジプト展を見てきましたが、吉村教授がクロイツェ群の彗星の
長老で、同じく司令官は、イシカミを封印しているので、そのことに抗議をするために
急速に低気圧が発達して、大雪で知らせたそうです。 
その他、シマズ貴子、四0弘0、0木0ケ0などもクロイツェ群と関係あると知らせてきましたが、いずれもこの情報と関係があります。
アトランティスが急に出てきましたが、アトランティスがあったと知らされた地域で群発地震が起きています。http://sora.ishikami.jp/image_earth/index.php?id=2008022319...

《ビジョン1》“白っぽい背景に極小さな黒点が、よく動くのや、静止したのなどが無数にある”意味は「成層圏にはこのような悪い思いの塊が無数にあるということです。

(昨日も冷たい風と共に、【ヘビの星に【帰りたくないので【何とかしたいと【降りて
きていましたが、【顕在意識に【負けないで、今生なぜ肉体を持ったかを思い出してほしいのです)

【 イシキ 】   イシキは潜在意識、霊のこととして書いています。
まだはっきりとはわかりませんが、これまでの情報ではイシキは脳で作られるのでなく、その人の関わりのある星から送られていると思われます。
 意識は顕在意識として書いています。

【■顕在意識 】   ここでは【意識】と記載している。
起きている状態の時、思っている事。
脳で考えるのでなく、その人とつながった地球に近いところ(成層圏)に存在する意識体から送られてくるのを、脳が受信する。
はっきり表に現れている意識。自覚できる意識。
潜在意識(霊)に対比する言葉で、霊的に進化するとこの二つの意識が近づくと言われる。

【■魂 】   明らかでは無いが、「生きようとする力、思い。」私がひどい鬱であった時、「たまちゃん」という女の子の声が「もう出ていく」と言い、首筋の後ろが痛くなった。その子が出ていくと私が死んでしまうので押さえておくようにと言われ、ずっと押さえていた。そして「たまちゃん、ねんねしてね」と首を押さえながらしばらく言っていた、という事があった。それから鬱が治り、一度もたまちゃんの声は聞いていない。その時、魂とは生きる最小限のエネルギーであると言われたように思う。

【■三位一体2006年8月16日追記 】
  人間は魂、イシキ(霊、潜在意識)、顕在意識から成り立っていると言うこと。クロップサークル(ミステリーサークル)で繰り返し3つのものが出て来るのは、人間をあらわしている。魂=生き様とする力?。イシキ(霊=潜在意識)。顕在意識。人間として生きているときの出来事などは霊と星達が話し合いをして決める。肉体は原子から成り立っている事を知ることがとても大切である。すなわち肉体の細胞の全てに意識があると、言うことを思って生活すること。
 2006年8月16日追記
顕在意識は成層圏から送られてきて、脳は受信するだけと知らされている。

【■支配 】   イシキに命令をし、支配する事。(現実とは違う場合がある)宇宙の法則は【支配してはならない】ということ。人間を思い通りにしようとする支配星の意識。ある人間の意志、命令で他の人の思考や行為を思い通りにしようとする事。

【その他の語句については 】
ソラ辞典 http://sora.ishikami.jp/jiten/index.html、ソラ生物辞典
http://sora.ishikami.jp/jiten_life/index.html、  ソラの検索
http://sora.ishikami.jp/search/index.php を参照願います。


****************************************
地球の謎解き-ソラからの伝言より
 ( http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20080224154531 )
より引用         
2008年2月24日(日)
イケガヤ彗星=クロイツェ群=悪者の彗星、アトランティスのアンドロイド=恨みの思い、成層圏=顕在意識の意味、
 池谷・関彗星はクロイツ群に属するということですが、クロイツェ群(クロイツ群ですが、クロイツェ=黒い杖としか発音できない悪い思いの塊の彗星)については2006年に掲示板で読者から知らされていましたが、今朝、詳しく知らせてきました。

「クロイツェ群はアトランティスで生まれた悪い思い(の塊の彗星)なのです。
多くのイシジンが(地球上で)いろいろな思いをして(分解して)地球の上(の成層圏)に挙がりました。イシジンのあらゆる思いをもった原子が、イシジンの分解で思いを持って上に挙がっていったのです。その原子の思いが意識の塊となって成層圏を創りました。  
そしてそこから人間の顕在意識となって人間に降りるようになったのです。
その中に恨みを持った悪い思いの塊がクロイツェ群となって太陽の後ろに隠れていたのです」
「今、イシジンの思いを持った人間が目覚めてきています。けれどもアトランティスで、服従する者だった(アンドロイド)イシキは、当時のことを思いだしたくないので、この情報が広がるのを妨害するのです。(顕在意識が成層圏から送られてくるというのは
2005年7月11日のお知らせ、アンドロイドのことについては99年ごろアトランティスのことを伝えてきたのを本《星からのメッセージ》に書いている)
イシカミが人間の形をして、最高の思いをしてきたイシジンだったイシキの持ち主は、過去世では働かなくてすんだので、現実社会で働くのが嫌なのです。けれども
人間として生まれてきたからには、するべき仕事は辛くてもしなければならないということを学ぶことが大切です。その辛さをがんばって乗り越えることで、イシキの世界では再び良い思いをすることが出来るのです」

「アトランティスでなぜ服従する者(アンドロイド)があらわれたかというと、どのような形ででも地球に降りたいと熱望した星のイシキが降りてきたからです。(思いが現実になるアトランティスを見て)なんとしても地球に降りて現実の体験をしたいと思う星たちのイシキが(いて座やシリウより)遅れて降りてきたのです。けれども後から降りてきたので、イシジンに仕える者となりましたが、働いている間に恨みの思いがあらわれたのです。

遅れて降りてきた星たちは、服従する者でもよいので降りてきたいと、自ら降りてきたのにその思いを忘れたのです。そしてそれらの星のイシキは、服従させられたという恨みの思いを大きな塊として成層圏に残しました。それらの星がその恨みを晴らすために、
今生では支配者として肉体を持ったのです。けれども宇宙には、
“他を支配してはならない”という法則があります。その法則を破っている者は自分たちの星に帰らなければなりません。
その支配者の星の多くはヘビの星とその仲間です。その星に帰りたくない人は、
地球がなぜ創られたかという原点に帰らなければなりません」昨日、吉村作冶のエジプト展を見てきましたが、吉村教授がクロイツェ群の彗星の長老で、同じく司令官は、
イシカミを封印しているので、そのことに抗議をするために急速に低気圧が発達して、大雪で知らせたそうです。その他、シマズ貴子、四0弘0、0木0ケ0などもクロイツェ群と関係あると知らせてきましたが、いずれもこの情報と関係があります。
アトランティスが急に出てきましたが、アトランティスがあったと知らされた地域で群発地震が起きています。http://sora.ishikami.jp/image_earth/index.php?id=2008022319...

《ビジョン1》“白っぽい背景に極小さな黒点が、よく動くのや、静止したのなどが無数にある”意味は「成層圏にはこのような悪い思いの塊が無数にあるということです。

(昨日も冷たい風と共に、ヘビの星に帰りたくないので何とかしたいと降りてきていましたが、顕在意識に負けないで、今生なぜ肉体を持ったかを思い出してほしいのです)

この記事の続きは、会員ページにログインしないと表示されません。
http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20080224154531

"イケガヤ彗星=クロイツェ群=悪者の彗星、アトランティスのアンドロイド=恨みの思い、成層圏=顕在意識の" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント